「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

熊本県商工会の職員さん向け研修会で、
荒尾市起業家支援センター「チャレンジプラザあらお」の卒業企業という事で
起業家講師として講演をさせて頂きました。

久しぶりに人前で話すのでえらい緊張したばい。

起業してからの6年間を振り返り
色んな事にチャレンジしてきた事や様々な経営の壁など

ひとしきり話すと…なんだ?この時間が余ったような感じは(´・ω・`;)

30分程度だと思っていたのが実は1時間(汗)

ま~何とか無事に終了。

その後、荒尾駅前の居酒屋「ぽっぽ」へ移動し
商工会の職員さんとの懇親会に参加

懇親会でコンサルの先生と荒尾市起業家支援センターについて話をして
これまで思っていた疑問がようやく分かった。

荒尾市起業家支援センターは起業をする人が安く借りれるオフィスなんですが、
入居期限が最長3年間と決まってます。

3年後には、強制退去しなければならないんです。
退去後に、また新たに起業を目指す方が入居します。

そうやって入れ替わるので、次に入居する起業家とは接点がほとんど無かっですよ!

起業してすぐの頃って、右も左も分らない事ばっかじゃなかですか。

3年もすれば色んな経験を積んどるけん、新たに起業する人たちに
様々なアドバイスをしてあげれるのですが、交流が無かけんできんとですよ。

同じ建物内に3年後、通常賃料で借りれるオフィスがあれば、
新たな起業家とのつながりが持てて、自分達にとってもいい刺激になっとばってんね。

そんなベンチャーオフィスができればよかっちゃけどな~。

2014-11-21 11.38.17

右は、研修講師のSA-KU(さあく)コンサルティング 代表 齊藤久美先生
中央は、薬草(メナモミ)サプリメントを作られている薬草園キッチンライフ 代表 市川恵子さん

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です