「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

工場のお客さんから『スケールが付着するので水質分析をして欲しい』との依頼がありました。

工場設備・プラント機器商社(業界の便利屋)セールスエンジの杉山です。

そのお客さんには、他の水処理メーカーさんが薬剤を納入されていました。
なのになぜ、うちに水質分析の依頼が来るんだろう(。´・ω・)ん?

早速訪問しお話を伺うと。
冷却水配管のストレーナーが頻繁にスケールで詰まり困られていました。

冷却塔(クーリングタワー)を見てみると…( ̄△ ̄;)エッ・・?
充填材(水を冷却する重要な部分)はスケールがガチガチに固着し、
冷却塔の内部はスライムでドロドロ状態

こんな水質じゃ配管やストレーナにスケールが付着して詰まるはずですばい。

配管スケール付着

『他社さんが冷却水処理の薬剤を投入されてるんじゃないんですか?』

お客さん『入れてますけど菌を殺す薬剤だと聞いています。スケール防止の薬剤を入れると配管が錆びると言われたので』

『スケール防止剤を入れたからと言って、鉄の配管や設備が錆びるなんて事は無かですよ』

驚きました。レジオネラ菌の除菌剤しか入れられていませんでした。

冷却水には4大障害があります。

  1. スケールの付着
  2. 配管やプラント機器の腐食
  3. スライム(藻・バクテリア・カビ)の発生
  4. レジオネラ属菌の増殖

スケール防止剤だけを投入すれば、配管は錆びてしまします。
それは、スケール防止剤には防蝕効果が無いからです。
この様な設備の場合除菌剤+スケール防止剤+防蝕剤が入った
複合薬剤を入れますので配管が錆びるなんて事はありません。

このお客さんには大きな冷却塔が3基設置してあり、
それぞれに冷却水管理装置が取付けてありました。

電気伝導率を見ると不純物の濃度が高く、腐食とスケールが進行しやすい水の状態でした。

薬剤の選定も問題でしたが、冷却水管理装置の設定もほったらかしの状態です。
まさに、薬剤を売りっ放しの状態。

薬剤を納入する際には、水質検査を毎月必ず行います。
水の状態は見た目では判りません。
季節や設備の熱負荷の変化で水質が常に変わります。

分析した数値を見て、薬剤の投入量や冷却水管理装置の設定を変えて管理します。

冷却水に薬剤を入れているけど、スケールやスライムなどの問題が発生しいている場合は、
薬剤納入業者の管理があまりよろしくない可能性があります。

良い水質を保つには、納入業者が行うこまめな管理が重要です。

line01-600b
ブログ「最近どげんね?」は全国人気ブログランキングに参加中!
今日の順位は何位やろか?
yajirusi-ani17yajirusi-ani17yajirusi-ani17

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です