「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

『ギヤモータを120Hzで運転すると何が問題なの?』との問い合わせを頂きました。

お困り事には超スピード対応 産業機械・部品販売
セールスエンジの杉山です。

あまりモータを120Hzで使う事が無かったので、色々調べて回答を (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

住友サイクロ減速機をインバータ周波数120Hzで使用されており、
周波数を60Hzに下げて使用できる減速比の変更を検討されていました。

ギヤモータを周波数120Hzで使用すると何が問題なのか?

4極のモータを120Hzで運転するとモータ回転数は1800r/min→3600r/minとなり、
高回転になるにつれ、ベアリングやギヤの発熱が起こり機械的な寿命が短くなります。

運転時間も60Hzでは24時間連続使用できますが、
120Hzでは1日10時間以内がメーカー推奨のようです。

2倍の回転数で運転すれば、そりゃ~寿命も半分になっですよ。
ちなみに120Hzでは出力トルクも半分に下がります。

基底周波数(60Hz)以上の高い周波数帯での使用は、短時間の運転に留めましょう。
これって、プレミアムモータ(IE3)やインバータ専用モータを使っても同じです。

ギヤモータの選定や相当品をお探しの際には、
セールスエンジまでお問い合わせください『SEWギヤモータも得意っすよ!』(^ー^)b

line01-600b
ブログ「最近どげんね?」は全国人気ブログランキングに参加中!
今日の順位は何位やろか?
yajirusi-ani17yajirusi-ani17yajirusi-ani17

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です