「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

お客さん『杉山さん、ちょっと時間ありますか?現物を見てもらいたいモータがあるんですけど・・・』

工場設備の問題解決!お困り事には超スピード対応
産業機械・部品販売セールスエンジの杉山です。

工場で使用されているサイクロ減速機の更新を検討されていました。

モータについてる銘板を調べると刻印が消えかかっており、
埃をブラシでゴシゴシ・・・(´~`)う~ん

やばい、これ以上こすったら銘板が消えそう・・・

サイクロ減速機

『微かに読み取れた型番から、後は現物の寸法から調らぶるけんよかですよ』

住友のサイクロ減速機は、発売から7~80年もの間に何度か機種変更されています。
作りが頑丈な為、何十年経っても多くの現場で動き続けているんです。

古い機種と現在の機種では、出力軸シャフトや取付ベースの寸法が変わっています。
新しい機種はコンパクトに作られいて小さくなっとっとですよ!

この調べたサイクロ減速機も、廃盤機種でしたので、
新機種で取り合い寸法が同じものをご提案しました。

減速比が少し変更になっていたんですが、減速機の先に付いている
スプロケットの歯数を変える事で、回転数もトルクも同じにする事ができました。

古い機械で図面が残っていなくても、減速機を調べる方法はいくつかあります。

壊れて急ぐ場合などは、別のメーカーで短納期品を探したりもやりますよ!
減速機、ギャモータの事ならお声掛けください(^ー^)b

line01-600b
ブログ「最近どげんね?」は全国人気ブログランキングに参加中!
今日の順位は何位やろか?
yajirusi-ani17yajirusi-ani17yajirusi-ani17

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です