「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

冷却塔(クーリングタワー)の水質を良くするシリーズ!
アイデア次第で冷却水の濃縮を防止します。

工場設備の問題解決!お困り事には超スピード対応
プラント機器・機械部品商社(業界の便利屋)セールスエンジの杉山です。

まず、冷却水の濃縮とは?

工場などで使用される冷却水は、もったいないので循環して再利用を繰り返します。

そのうちに水は蒸発し、水に含まれた不純物だけが残り、水の濃度が濃くなります。

この現象を水の濃縮と言います。

濃縮がどんどん進むと、カルシウム・マグネシウム・シリカが塊となりスケールになります。

そうなる事態を防止するために、濃縮した冷却水を排水し、新しい水に入れ替えを行う必要があります。

これをブローダウンと言います。

ブローダウンの量は、循環水量の約1%程度を排水し、新しい水と入れ替えます。

例として、冷却水の循環水量が30㎥/hrの場合 ×1%で0.3㎥/hrの排水が必要となります。

小さな規模の冷却塔では、チョロチョロとほんの少し水を捨てる程度です。

このチョロチョロが意外と難しいです(´-ω-`)

給水のバルブを開けてオーバーフローさせたり、ドレンのバルブを開けて少しずつ排水したりと、どちらも、うまく調整ができません。

そこで、冷却塔のオーバーフロー配管に「じょうご」を取り付けました。

じょうご

上から落ちてくる水しぶきがほどよく、じょうごに入りブローとして排水されます。

じょうごは、100均に売ってありますので、大掛かりな配管工事や設備投資もいりません。

とてもローコストヽ(^o^)丿
たった、これだけで冷却水の濃縮が防止でき、設備の延命に繋がります。

冷却塔の簡易ブロー装置のご紹介でした! ぜひ、お試し頂ければと思います!

冷却水簡易ブロー装置
line01-600b
ブログ「最近どげんね?」は全国人気ブログランキングに参加中!
一日一押し応援クリックお願いします!

yajirusi-ani17yajirusi-ani17yajirusi-ani17

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です