「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

プレート式熱交換器にスケールが付着し「水洗いしても落ちない」とのご相談を頂きました。

高温の流体が通るためか、プレートの表面に硬くスケールが付着していました。

(´・_・`)「結構なこびり付きようやな~。。。」

まずは、プレートをお預かりしスケール洗浄液のテストを行うことに。

水に含まれる不純物は様々です。スケールの種類によって、どの洗浄液で落ちるのかを見極めなければなりません。
スケール洗浄に関する記事は、こちら

プレート式熱交換器 洗浄前 before

プレート式熱交換器

洗浄液に30分ほど浸したら、きれいにスケールが落ちました。

意外と簡単に落ちましたので、カルシウムと鉄サビだったようです。

これがシリカスケールだったら簡単にはいきません。シリカは硬いので洗浄液でもなかなか溶けないんです。

プレート式熱交換器 洗浄後 after

プレート式熱交換器

プレートを洗浄し、ガスケットを新品に交換、プレートを組み立て熱交換器の洗浄は完了です。

定期的な熱交換器の洗浄は、ガスケットの交換費用、洗浄液、作業費等のコストが掛かります。

分解しなくてもポンプを接続し洗浄は可能ですが、洗浄液と作業費が掛かります。

また、熱交換器にスケールが0.1mm付くとエネルギーコストが10%上がると言われています。

プレート式熱交換器は、普段からスケールを防止する水質管理がとても重要です。

冷却水の水質管理でお困りでしたら!【無料】お気軽にお問い合わせください。

冷却水の水質管理については、こちら


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です