「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

冷却水
とあるお客様で、工場全体の水質改善に取り組んでいるのですが。

“なんだか、変なにおいが・・・”

工場の中は、普通に色んなガスの臭いが漂っています。

冷却水の水質を測定していると、鼻を突く臭いが。

「くっ、くっさ!」(=゚ω゚)ノ

冷却水に何やら変なガスが溶け込んでいるようでした。

「これは、普通の冷却水じゃなかぞ!」

水ってなんでも取り込む不思議な力があります。

冷却水でよく溶け込んでいるのは、燃焼ガスのNOxです。

焼成炉やボイラーの煙突の近くに設置された冷却塔は、排ガスを吸込み水が酸性化します。

酸性化した水は鉄を腐食させます。冷却水が赤く濁っている時は、要注意です。

今回の水は、工場内でアルカリ系のガスを吸い込んでいました。

お客さんは、普通に使用している冷却水が、強アルカリ水だったのに驚きのようす。

こうした場合は、冷却水だけでの改善は難しいので、設備の改善をご提案しました。

「昔から、トラブルが多かったんだよね」

水質が改善すれば、設備トラブルは激減しますのでご安心を(^-^)


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です