「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

いつも納入させてもらっている、機械部品があります。

朝一、お客さんより電話があり

「寸法が違っていますよ!取り付けたらガタガタ。すぐに代替えを納入できますか!!!」

(´゚д゚`)マジっすかー

「杉山さん、コンマ1の交差から、100分の5の外れていますよ」

部品の摩耗を防ぐため、焼きを入れているのですが、とても歪みやすい形状をしています。

(~_~;)全部パーかも////

加工屋さんに相談すると

「それやったら、旋盤加工から焼き入れ後に研磨せんとでけんよ」

ずーっと納入している機械部品なのに、これまで全然クレームがなかったんですが。

なんで、急にシビアな話になったんやろか?

精密部品じゃないので「多少のひずみはしょんなかよ」と言って、これまで作ってきました。

研磨までしたら、コストが全然合わんですし。

お客さんへ伺い、ノギスで寸法を測定したら・・・

あらー、1mmも違っていてガタガタでした (@_@)

慌てましたが、単なる加工ミスです。お客さんも寸法を勘違いされていました。

それは、それで、いけないミスですが・・・

図面上じゃ、コンマ1の交差ですが、100分の5くらいは、外れても問題ない部品です。

普通に考えると図面の交差を守るために焼き入れ後、研磨します。

当然、その分コストがUPします。

コストを優先するのか、精度を重視するのか。

お客さんの使い方を見越して、判断をしています。

100分の5が、問題にならんでよかったです。

ホッとしました(;´∀`)


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です