「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

今年の目標の一つにしていた

毒物劇物取扱者の試験に合格しました ヾ(≧∇≦*)/やったー

毒物劇物取扱者?

なぜ、こんな資格が必要なのか?

皆さん疑問に思われてますよね。

毒物って「ヤバイいんじゃねぇ」(-ω- ?)

そうです。ヤバいんです。

「毒物」「劇物」は、人間にとって危険な化学物質なので

毒物及び劇物取締法によって、法律で取り扱いを規制されています。

化学工場へ仕事で出入りしていると、いたる現場で化学薬品が使用されているんです。

時折、風にのって変な臭いが (;゚д゚)アッ….

実は、これが非常に危険で

臭いをかいだだけで、死んでしまう事だってあるんです。

薬品の事を知らなかったでは済まされません。

工場へ出入りしているからには、化学薬品の知識を高める必要がある。

それが一つの理由です。

もう一つは、化学薬品を事業として取扱うためです。

毒物劇物に該当する薬品は、自社で保管(在庫)をするのに、

この毒物劇物取扱者の資格が必要なんです。

化学薬品を仕入れて売るだけだったら、資格がなくてもできるのですが、

保管するとなると、法律上の問題があります。

例えば、

保管してた薬品が盗難にあって犯罪に使用されるかもしれない。

有名な和歌山の毒物カレー事件は、ヒ素と言う「毒物」を使った事件です。

犯罪でなくても、薬品が飛散や漏れ出して、人に危害を及ぼすかも知れません。

なので、「毒物」「劇物」に該当する薬品の取り扱いには、国家資格が必要なんです。

試験勉強は、正直、かなり大変でした。

落ちたら、次は一年後かと思うと、憂うつで憂うつで

取り敢えず、試験に合格してホッとしています。 ε-(´∀`*)

毒物劇物取扱者


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です