「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

今日から3日間、熊本労働基準協会で行われている、
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の講習を受けに来ています。

製造現場では、危険な場所も多くあり、特定の資格を持っていないと
作業ができない現場もあります。

人間は、空気中の酸素濃度が低い状態では生きられません。

この酸素が低い状態と言うのは、目で見て判断が出来ません。

タンクの中へ安易に入って、バタッと倒れた。
さらに、助けに入った人が、次から次へと倒れて、亡くなった。

そんなニュースをよく耳にします。

酸欠って、サイレントキラーと呼ばれ、とても恐ろしい事故なんです。

そうした知識がないのが、一番危険です。

安全第一は、企業として経営リスクの回避にもなりますからね。

最後に試験があるので、しっかりと ”φ(・ェ・o)~メモメモ

硫化水素濃度の測定を実際に行っています。

ガラス管の中の色が変わる事で、硫化水素の濃度を測定できます。

酸素濃度計の使い方について


昼食は、近くの熊本崇城大学の学食、モンマルトへ

学食なんですが、一般の人も安く利用できます ^^

唐揚げ定食のボリュームがあり過ぎて、、、

おかげで、午後からの講義は睡魔との戦いでした(( _ _ ))..zzzZZ

モンマルト
お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です