「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

明日から、3連休です。休み前は仕事を片付けるのに大忙し (;’∀’)

そんな夕暮れ、お客さんより電話が・・・

「納めてもらった、スプロケットの寸法が違っている!」

(”ロ”;)ゲゲッ!!

以前のブログは、こちら

バタバタしていたので、勘違いしていました。

スプロケットの軸穴を加工する際に、失敗する業界あるあるです。

現物からスプロケットの軸穴を採寸したのですが、

かなり古い減速機にスプロケットが付いていました。

減速機を新品に交換すると、聞いていました。

新しい減速機に、製作したスプロケットをはめようとしたら、、、

キー溝の寸法が、旧JIS → 新JISに変わっており寸法が違う ((゚m゚;)アレマッ!

図面を書く際にJISの規格を確認していませんでした。

軸穴を加工する際は、必ずキー寸法のチェックは必須です。

キー溝は、追加工し全損はまぬがれました (-。-;)フゥー


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です