「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

冷却塔(クーリングタワー)の冷却水維持管理をご提案

お客様のお困り事

冷却塔(クーリングタワー)の内部や設備の熱交換器、保冷ジャケット、冷却水配管にスケール(水垢)やスライム(藻)が付着し冷却水配管ラインのストレーナに詰まりプラント設備が停止するトラブルでお困りでした。

rk

問題点

・冷却水に含まれるスケール(水垢)が固着し配管を詰まらせるトラブルを解消したい。
・設備の熱交換器や保冷ジャケット、冷却水配管の腐食と藻の発生を防止したい。

セールスエンジからお客様への改善ご提案

薬品処理によるスケール抑制と防蝕効果に冷却水管理システムをご提案。

冷却塔(クーリングタワー)とは、工場内の機械や装置などの温度を下げる冷却水を、大気に接触させて、その一部が蒸発し、蒸発する際に熱が奪われる蒸発潜熱(水が蒸発する時に回りから奪う熱)で冷却水の温度を下げる再び利用する装置です。

身近な例としましては、以下の原理があります。
・注射の際にアルコール消毒をするとヒヤッと感じる。
・夏場の暑い日に打ち水をすると冷える

冷却塔は運転する際に外気を取り込むため空気中の土砂・生物等が混入します。水の中にはスケールのもとであるカルシウム等の物質を含んでおり、冷却塔は純粋な水だけが蒸発するため、水は濃縮され不純物等の濃度が濃くなります。この濃縮された冷却水がトラブルを引き起こします。

これで解決!

・冷却水に複合処理薬剤投入で配管内のスケール(水垢)の固着防止とスライム(藻)の発生、配管や機器の錆を防止。
・電気工事が不要なソーラー電池式の簡易薬注装置を設置。
・クーリングタワー能力80RT(冷却トン)24時間連続稼働に対し月平均10kgの薬剤をご使用されると想定し4ヶ月分の量として薬剤タンク50リットル容量を設置。
・薬剤投入は、自動タイマーでポンプを運転し1時間毎に数ccを冷却水に投入するため管理不要。
・冷却水の状態を調べる為に、毎月冷却水を採取し水質分析を行い、規定の薬剤濃度が投入されているか、冷却水の水質が悪化していないかなどを調べ水質分析結果書でお客様にご報告をいたします。

ソーラーリプレイ 26_2_1
※簡易薬注装置と複合薬剤

コストと納期

・導入コスト、簡易薬注装置(15万円)の設置
・ランニングコスト、水処理薬剤(月/約2~3万円)の購入費
・維持管理コスト、冷却塔内部の汚れがひどい場合に行う高圧洗浄作業費(年/10万円)
・薬注装置の設置と投入量の設定に掛かった作業は、半日程度で完了しました。

改善できた事

当初は、薬剤の内容物が不明な事で使用したくないとの事でしたが、お客様と機密保持契約を行い薬剤の成分開示をさせていただきました。お客様の方で成分を見てご検討頂き工場内で使用しても排水等に問題ないとのご判断をいただきました。
薬剤を投入前に付着していたスケールや藻の洗浄作業を行い冷却水への薬剤投入を開始しました。
スケールの付着や藻の発生も無くトラブルは無くなり、スケールの解消で熱効率も改善し薬剤を継続してご使用頂いております。
冷却効率の改善でタンクの保冷ジャケットが熱膨張で割れるなどの、機器トラブルも無くなり大幅なコスト削減につながりました。

お客様へご提供できる価値

産業分野における冷却水に関してお客様にあった薬剤・装置を提供し、プラント設備の円滑な生産をサポートいたします。
様々な実績から用水処理でお客様が抱える多くの問題を解決いたします。

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です