「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

お客さんから「機器の引き合いがあるので打合せに来てもらえませんか」と連絡があり、いつものごとくすぐに飛んで行きました。

得意としている機器の打ち合わせには、メーカーさんを呼ぶことがほとんどありません。頂いたお話は、自分でやらないと気が済まないたちの様で。。。

若い時は、機器の打ち合わせにメーカーさんを呼んでいました。

その頃思っていたのが、自分のお客さんと打ち合わせをしているのはメーカーさんで、自分はその横でジーっと話を聞くだけで、打合せの会話にうまく入ることもできずにいながら、見積りをだす役目

俺って、お客さんにとって必要な存在なんやろか?

その当時、メーカーさんと同行で打ち合わせに行くのが、嫌で嫌でたまりませんでした。注文を貰っても、自分が頑張った訳じゃないので、あまり嬉しく感じらんやったですね。

自分自身に商品知識が無いと、お客さんと対等に話もできんけん、これじゃでけんばい!!!

商社は、そもそもメーカーさんの代理で販売するのが仕事です。

メーカーさんの代わりにやれること、それは、お客さんから引き合いの連絡があった時、すぐに伺って仕様の打合せを行ったり。

注文を頂いた後も、納入を運送屋さん任せにせず、機器の搬入には立ち会ったり。

納入後にトラブルが発生した場合、素早くお客さんに伺い状況を把握しメーカーさんへと伝える。

自分の役割は、メーカーさんをサポートするのが仕事だと思っています。そこに存在価値があり、お客さんから利益を頂ける理由でもあります。

自分が売りたいと思うのであれば、自分の言葉で売りたい!

そんな機械商社であり続けたいですね。

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です