「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

昨日、見積りを行っていた引き合いの進捗を伺いに、お客さんを訪問していた時でした。

「先日、見積りしていた話は、具体的に進みそうですか?」

お客さん「ようやく、プラント全体の見積り図が終わって、これから客先に見積り出すところ」

「プラント? そんな大掛かりな話だったんですか???」

私が、見積りを行っていたのは、その中で使用される装置の一部(しかも、部品)だったんです。

と、、、お客さんが書かれていたプラントの図面に目を向けると (゜_゜>)こ、こ、こ、これは!

「これは、定量排出機じゃないですか?」

お客さん「この機械扱っているの? この下の計量システムをうちがやる範囲で、粉体定量排出機はお客さん手配だけどね」

ショックでした、この粉体定量排出機は、私が得意として販売を行っているサークルフィーダ®でした。
しかも、かなりの台数(+o+)

最終ユーザーさんは、長年、タンクの中の原料が出てこない粉体ブリッジで困られており、タンクをハンマーで叩いて原料を排出されていました。

今回、問題を解決する為、色々探されているうちに、サークルフィーダ®に行きついたとの事。

早くから、私が改善案を提案していれば、こちらのお客さんを通じ、引き合いを頂く事が出来たかもしれませんでした。

営業は、小さな事でも日頃からアンテナを張り巡らせ、情報収集を行わんといけんですね。

あ~、このプラントの完工が気になる~~~~~~!

タンク内で粉が詰まる粉体ブリッジ、ロータリーバルブやスクリューコンベヤ(スクリューフィーダー)では粉が詰まって出てこない!

「この粉は、さすがに出てこんだろう?!」いいえ、わかりませんよ(^_^)

そう思われるお客様でも、九州管内でしたら現場の状況、取り扱われている粉体を確認し問題解決いたします。排出テストも行いますので、お気軽にお問い合わせください。

line01-600b
社長ブログ「最近どげんね?」は人気ブログランキングに参加しています。
現在の順位はこちら⇒人気ブログランキング

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です