「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

あまり問い合わせを頂く事がなかったお客さんより、突然見積りの依頼でした。

お客さん『近くまでいらした時に、寄ってもらえませんか?現物を見て欲しい物があるので』

『ちょうど工場内にお邪魔していますので、すぐに伺いますよ』

10分後に現場へ伺うと

うちが納入したものでは無い、コンベヤの部品について見積りが欲しいと言われ

『これって、他の商社さんが納めてあるんじゃないですか?』

お客さん『納めた商社に聞いたら分らないと断られたから、杉山さんならと思って』

『だったら、うちがやっても問題無いですね。すぐに見積りしますよ』

お客さん『杉山さん、何でん知っとるね』

コンベヤや機械の部品は消耗品です。一度納めると繰り返し注文を頂けます。

それを、納入していた商社が判らないとは驚いた。

前回の注文からは、少し年数が経っていたのかも知れんですが、そんなもん台帳をめくれば納入実績くらい分かるだろ。

うちは過去20年のお客さんとやり取りした資料はFAX一枚からすべてファイルに閉じてます。

これは、商売にとっての宝物です。

fail

それを安易に断るもんだから、うちにお客さんが流れて来ちゃった\(^o^)/

売る側の商社は断って終わりかもしれんですが、お客さんはそれで終わる訳にはいきません。

お客さんからの問い合わせは、何か問題を解決して欲しい依頼です。

それを、断ると次回から問い合わせは来ませんよ!

あいつに聞いても解決できんと思われたら商売はそれで終わり。

お客さんからの依頼は、超短納期だろうが、相当古い機械の部品選定だろうが、お客さんがお困りならば、何でもスグやります。

たった一度断っただけ、商売はそげん甘もう無かばい!

全国人気ブログランキングに参加中!
ブログ
「最近どげんね?」今日の順位は何位だろか?
 ☟ ☟ ☟
人気ブログランキングサイトはこちら

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です