「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!

lifter01

パワーリフターでパレットを持上げ前進する時、後退時は真っ直ぐ進むのですが、前進の時はタイヤが旋回するので真っ直ぐ進む事ができません。

その為、パレットを下す位置を合わせるのに前後の移動を繰り返され、位置決めに時間が掛られていました。

車輪を固定する事が出来ないかとパワーリフターのメーカーさんに相談されたそうですが、断られ。

まー、普通は既製品の改造なんてメーカーさんじゃせんですよ!

なので、うちの方で改造を引き受けることにしました。

CADデータがあれば良かったんですが。メーカーさんにもらえず。

しゃーなかね。現物から改造すっかね(^ー^)ノ☆*.。

いつも協力いただく鉄工所さんへ持ち込み、車輪の改造を行うことに。

ハンドリフター

この車輪がクルクル回るんで、前進がスムーズに行きません。

溶接で殺すなんて野暮なことはしませんよ。

lifter02

既存のゴム車輪をバラし、V溝に加工した車輪に取り換えました。

床にはアングルレールをアンカーで固定できるようにし、その上をパワーリフターが移動できるように改造しました。

それ以外に、長すぎるストロークを短く改造し、停止時の固定ストッパーを取り付けたりと、最後は原型がとどまっていません。

色々と改造しましたが、メーカーさんで一から製作するのと比べ、既製品を使ったのでコスト的には、かなり安くつきました。

既製品の安いパワーリフターが、移動式の昇降装置に変身!

…………しまった。完成写真を撮らずに納めてしまった。格好のブログネタが(*_*)

既製品パワーリフトの改造についてのご相談は、セールスエンジまで

全国人気ブログランキングに参加中!
ブログ
「最近どげんね?」今日の順位は何位だろか?
 ☟ ☟ ☟
人気ブログランキングサイトはこちら

お問合わせは超スピードで対応します
お問合わせは超スピードで対応します 点検口の安全金網Kガード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です