アルカリ性の高い温泉は、塩素殺菌が効かない

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

今日は、温泉の塩素殺菌についてのお話。

水質管理

温泉施設ではレジオネラ属菌の殺菌に、次亜塩素酸ナトリウム

略して、次亜塩素を使用するのが一般的です。

 

コストが安く、除菌効果が高い、殺菌方法です。

 

普通、次亜塩素を入れていれば、レジオネラ属菌の対策は大丈夫。

実はそれって、危険なんです ( `ー´)ノ

 

アルカリ性の高いpHが9を超える温泉では、殺菌効果が低下すっとですよ!

 

肌がぬるぬる美肌の湯と呼ばれる、アルカリ性の温泉は、

次亜塩素以外の除菌が必要です。

知られているようで、知られていないことです。

 

これは、厚生労働省のホームページでも、

詳しく紹介されています。こちら

 


ブログ「社長ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

この記事の注目ワード