「点検口の安全金網 Kガード」溶接不要、ワンタッチ窓に3分で安全対策!


冷却塔管理

冷却塔の水処理とは?

冷却水系統で発生するトラブルは主に、「腐食障害」「スケール障害」「スライム障害」「レジオネラ障害」で、冷却水の4大障害と言われています。
腐食によって配管に穴があいたり、スケールやスライムの付着で熱交換率が下がる、配管が詰まるといったトラブルの原因となります。またレジオネラ属菌の繁殖によって重大な健康被害を引き起こす事があります。
薬剤などでこれらの障害を抑制し、安定した水質を保つ事を水処理といいます。

水処理をする上で大切な事は?

冷却塔管理 一般的な水処理の方法として薬剤処理があります。比較的コストが安く導入しやすい方法です。しかし、ただ薬剤を入れておけば上手くいくという訳ではありません。

冷却水の水質は1年を通し季節や環境によってさまざまに変化します。気温が上がれば藻が発生しやすくなり、夏と冬では使用する薬剤の量も変わります。また、工場で使用している材料や、煤煙なども水質に影響を与えます。冷却塔は空気を吸い込んで水を冷やします。その過程で空気中の物質が水に溶け込み、スケール傾向やスライムが繁殖しやすい水質に変化する事があります。

適切な管理をするには水質を知る事がとても大切です。 薬剤を入れているのにスケールやスライムが発生しているのは、その水質に適した薬剤の濃度が維持されていないからです。 どんなに高性能の薬剤でも、その水質や環境に合わせて使用しなければ逆に設備を痛めてしまう事にもなりかねません。
水質の管理は、設備を任せられる信頼できる良い業者を選ぶことが重要です。

セールスエンジの「水質安心プラン」

真空熱処理炉や溶接機、金型など冷却塔や配管にトラブルが起きると生産が停止してしまう重要な設備向けの水質管理プランです。薬剤の水質管理はもちろんのこと、点検やメンテナンスを強化し、水処理系統でのトラブルを未然に防ぎ設備の安定稼働を目指します。
薬剤込みの月額定額制で、冷却塔の管理において必須である年1回の清掃がプランに含まれています。

  • 定額料金制/月(薬剤代込み)
  • 冷却塔清掃 1回/年
  • 冷却塔・周辺機器の点検とメンテナンス
  • 水質分析書と結果報告書の提出

対象設備

焼成炉・焼結炉・連続焼成炉(ローラーハースキルン)・連続焼鈍炉
真空熱処理炉・真空脱脂炉・窒化処理炉・雰囲気熱処理炉
セラミックス接合炉(ホットプレス)・電気炉・溶融炉・発電機復水器
ガスエンジン発電機(コージェネレーションシステム)・プラスチック射出成形金型
ルーツ式ブロワ・真空ポンプ・油圧オイルクーラー・溶接機トランス
スポット溶接機・プロジェクション溶接機など

水処理屋さんの仕事

薬剤の補充と点検

冷却塔薬剤

冷却塔(クーリングタワー)の簡易清掃や点検、薬注ポンプ・水質センサーの清掃・点検、給水・排水機器の点検を一緒に行います。





冷却塔管理

  

冷却水の採水

    冷却塔採水

月に1回、補給水、冷却塔や配管の水を採取します。採取した水は検査センターで分析します。pHや電気伝導率はその場で測定を行います。水質を分析する事によってさまざまな事が解ります。




冷却水分析

水質診断

水質診断 分析結果や過去のデータを元に水質が適正かを判断します。変化や異常があれば、薬剤の使用量を調節し、原因を調べて適切な対処・提案をします。また、毎月の水質の状況や点検結果をまとめた水質分析書・点検報告書を提出しております。







水質分析グラフ

水処理をトータルでサポート

冷却塔や配管の洗浄、部品交換など、プラントの安定稼働を目指して水にかかわる事をトータルでサポートいたします。

お問い合わせ先

株式会社セールスエンジ
〒864-0054 熊本県荒尾市大正町1丁目4-5
TEL 0968-79-7177  FAX 0968-79-7178
メールからのお問合わせは  こちらから
責任者 杉山哲也