プラント設備が停止する一大事

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

先日、他社が納入した(訳あって)機械が大トラブルを起こし、

お客さんのプラント設備が停止する事態が起こりました。

 

仕事も終わり、早めに帰ろうかとした時。

携帯にお客さんより着信が…

 

あれ、○○さんからだ、こんな時間に?

 

お客さん「遅くにすいません。杉山さんが納入した機械じゃないんだけど、他社から購入したのがぶっ壊れてプラントが停止して、すぐに復旧しないと製品の出荷が遅れ大変なことになるので、助けて欲しいんですが」

 

この機械はうちから何十台も購入して頂いており、壊れた1台だけ他社(訳あって別の商社経由)から購入されていました。

壊れた原因は機械の仕様打ち合わせミスです。

能力にあっておらず以前から不具合が出ていました。

お客さんの事を知りもしない商社が納入するとよくあるトラブルのパターンです。

 

私「そりゃ、どげんかせなんですたい。ちょっと待っとかんですか折り返し連絡しますんで」

 

機械を動かしている特殊な減速機が破損している様子。

これまで色んなトラブルを経験していますが、今回はかなり緊迫したトラブルです。

 

まずは、機械のメーカーさんに連絡をする事に。
しかし、会社の電話は就業時間外のため留守電になっている。
まだ社内に誰か仕事はしてるはずだけど…

 

【緊急】と題してパソコンからメールを入れたら、すぐに電話が掛ってきました!

 

メーカーさん「壊れたのは、あの1台ですか」

私「そうです。例のあれです。うちが納入している分で、同じくらいの能力の機械は無かったですかね。あれば分解してギヤモータを外して使いたいんですけど」

メーカーさん「その壊れた機械に合う機種は1台も無いですね。自社にある納入前の機械も調べましたが使えるものがありません。あれば、そちらに回すんですが」

 

ギヤモータはメーカーさんも購入品のため、機械にあった仕様ものは通常1ヵ月以上納期がかかります。
しかも、電源が440V仕様で特に納期が掛る…最悪です。

 

私「そうですか。。。?!そうだ、うちに440Vだったら在庫がありますよ!!!」

 

以前、機械の能力を変えるのに選定を失敗して在庫になっていました。

ギヤ比は違い取り付け寸法も違いましたが、電源は440V仕様なので取り付ける事ができれば、機械を動かすことができます。

とりあえず新品が手に入るまで時間が稼げればそれでいい状況です。

 

とにかく、プラントを動かさなくては

 

私「うちの在庫を使って、とりあえずどがんかすっですよ」

メーカーさん「わかりました。私どもはとにかく一日でも早く納入できるように調整します」

私「よろしくお願いします」

メーカーさん「いいえ。こちらこそ、杉山さんにご迷惑お掛けします」

 

うちが納入した機械はすべて図面を管理していますが、この機械の図面は手元になかったので、すぐにメーカーさんが送ってくれました。

 

翌朝、一番でお客さんの所へ伺いました。

すると、社内で対策を検討されていて、工場内のあるギヤモータをすべて探されていました。

 

私「この工場内には、同じギヤモータを使った機械は無いですよ。うちに古い在庫があったので持ってきました。これを使って何とかしましょう」

 

早速、取り付くように部品の製作をする方向で話をすると、材料の入手に時間がかかるので、お客さんにどうしましょうかと相談すると。

 

お客さん「材料は少しくらいは工場内にあるのですぐに用意できます」

後で取りに伺うことにして、一旦事務所に戻り取り付けれるようにする為、部品製作の図面を書きに帰りました。2時間ほどで図面を書き上げて材料を引き取り、機械加工屋さんへと飛んで行きました。

 

私「すんまっせ〜ん。大大至急で部品の製作をお願いします」

機械加工屋さん「ちょうど別の仕事が詰まってて、今すぐはされんよ」

私「今日とは言わんけど、明日までには作ってもらえんですか」

機械加工屋さん「明日でよかなら、どげんかするたいね」

 

うれしいですね。頼れる人がいるととてもこころ強いです。

 

次は、お客さんの所へ向かい明日中には部品もすべて用意することを伝えました。

そうこう話をしていたら、機械のメーカーさんより連絡があり、

メーカーさん「今、大牟田に来ています。お客さんところに行きたいんですけど行けますか?」

私「そうですか。段取りはついたのですが、原因がハッキリしていないので見てもらえると助かります」

 

メーカーさんを駅まで迎えに行き、お客さんのの元へ一緒に伺い機械を見ると。

原因はすぐにわかりました。

仕様にあっていない能力の機械を無理に改造して使用されている事がトラブルを引き起こした原因でした。

 

メーカーさん「杉山さんには、大変ご迷惑をお掛けします」

私「気にせんでよかですよ。お客さんが困っている時にほっとけんやなかですか」

ーカさんを駅まで送って別れました。トラブルが起こった際に飛んできてくれるメーカーさんだからこそ、うちも全力で協力します。

 

さあ、後は部品の加工が上がれば何とかなるな!

 

翌日、加工屋さんから「終わったよと」連絡があり、

すぐに引き取り行くと部品が出来上がっていました。

 

私「あざっした〜〜〜!」

すぐに持って行き在庫のギヤモータにセットすると、超バッチリΣd(゚∀゚d)ォゥィェ!!

とりあえず、うちの役目はこれで終了です!一安心一安心。

 

それからお客さんは、徹夜で部品の交換をされプラントの復旧をされました。

 

翌朝、朝早く携帯が鳴り響きました。( ゚ Д ゚!)・・・・マヂカッァァァうまくいかなかったんだ…

 

お客さん「無事にプラントが復旧しました。杉山さんのおかげで本当に助かりました。ありがとうございました!!!」

朝一でお礼の電話でした。

 

今回の一大事、特殊なギヤモータは、他社が対応した場合納期が2ヶ月掛ると言われたそうです。

たった1台の機械部品が原因でプラントが停止し莫大な損害がでます。まったく呑気な対応をする商社だ!

実際、プラントが停止した期間は1日でした。生産には影響が全然なかったそうです。

うちの仕事は機械を売るのが仕事ではなく、お客さんの仕事を支えるのがうちの仕事です。

機械商社として、物ではなく価値を売ることができました。

 


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする