ルーツブロワのトップランナーモータ交換でのトラブル

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

モータの規格がIE1からIE3へと変わり、ルーツブロワで問題が起こっています。

トップランナーモータに関する詳しい記事は、こちら

ルーツブロワのモータを老朽化で、更新する場合のトラブル例です。

 

メーカー営業の方が、
「社長、大牟田の方まで今日行くんで、寄ってもいいっすか?」

急に来ると言うので何事かと思ったら(´・ω・`)

納入したばかりのルーツブロワのクレームで、近くまで来る事になったので立ち寄ってくれました。

 

聞けば、IE3のトップランナーモータに変わった事によるトラブルでした。

商社さんを通じて既設の更新で納入したら、モータの電流値が高いと言ってクレームになったみたいです。

 

IE3のモータは、これまでのIE1モータと比べ20〜30回転高くなります。

ルーツブロワの場合、本体をそのままでモータを変更すると風量(仕事量)が増加し、電流値が上がります。

クレームの原因は、IE3モータの回転数がUPし、既設と比べ風量が増えていました。

 

私「そんな事、始めから分かっとろうもん?!何で先に説明せんやったつね」

メーカーさん「売る前、商社さんには散々言ってたんですよ。だけど本体は同じものじゃないとダメだと言われて・・・」

 

なのに、納めたらモータが不良品だと言われたそうです ┐(-。ー;)┌

 

モータ容量に余裕があれば多少回転数がUPしても影響はないのですが、定格電流値ギリギリで使用されている場合、IE3モータに交換すると定格を超える事があります。ルーツブロワの場合、プーリーやインバータで回転を下げ電流値を下げてやる必要があります。

 

IE3トップランナーモータの制度が始まり、更新の際のトラブルやクレームが増えています。

ルーツブロワの選定には、注意が必要です。

 


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする