ギヤモータの海外発送

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

今週は、ギヤモータの海外発送に追われてバタバタしておりました。

 

住友サイクロ減速機、総重量600kg!!!
航空便を使い、海外のお客さんへ輸出しました。

 

いやいや、こんだけ重量があると、うちにはクレーンもフォークリフトも無いので、
すべて手作業・・・(。´-д-)すげー疲れた。。。

 

2015-05-27 07.16.07

海外発送って、結構手間が掛かるとですよ。

梱包業者の手配に、インボイス(送り状)とパッキングリスト(梱包明細書)などの書類作成。
この書類作りがやおいかんとです(~_~;)

どの箱に何が入っているのか、数量は何個か、製品の重量と梱包後の重量は何キロか、梱包サイズなどなど・・・記載しなければいけない事が結構あります。

それと、工業製品を送る場合とても重要なのが、メーカーさんが発行する非該当証明書の添付です。

化学兵器や武器などへの転用されない様に、輸出する貨物は制限があります。そう言った物には、該当しませんよと言う証明書が、非該当証明書です。これの書類が無いと、税関でストップになり海外へ輸出する事ができません。

今回、サイクロ減速機を発注したのは2か月前なのに、
出荷が迫っているのに、非該当証明書がメーカーさんより届いていませんでした。

メーカーさんへ連絡し『明日の飛行機に載せんとでけんどばい、さっさと書類を送ってくれんと間に合わんよ』催促に催促をして、ようやく送られてきて、あわや予約していた飛行機便をキャンセル寸前。。。

ギリギリに間に合い、慌てて税関へ書類を提出すると、、、

『この品物は非該当では無く、輸出規制に該当していますよ』

(; ̄Д ̄)な、な、なんですと?

書類をよく見ると、非では無く、該当証明書になっています。
一部の項目で輸出規制に該当してたんです(+o+)

こんな全世界どこでも手に入る様なモータが、輸出貿易管理の規制対象なんて・・・

今度は、輸出対象品がどう言った商品なのかを分類するHSコードと呼ばれる輸出品管理番号を連絡くださいととの事。

一難去ってまた一難。

ようやくメーカーさんから書類をもらったのに、また、めんどくさいやり取りが必要だなんて
『該当するHSコードを大至急教えてください!!!』(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒!!!

催促から一時間後、ようやくHSコードの回答がきました。

すぐに税関へと連絡すると、
税関さん『恐らくその番号だと思っていました』

(+o+)だったら聞く必要あるんかい!
何とか当日のフライトには、間に合う事ができました。

工業製品の輸出は、とにかく色んな手間が掛かります。

グローバル社会なので、メーカーさんが海外発送までやってくれてもいいんじゃなかろうか。
日本国内にしか納入しませんと言うのは、時代遅れの様な気がします。


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

この記事の注目ワード

  • 冷却水が冷えずに、
    設備がしょっちゅう停止する…
  • 藻やヘドロが詰まって、
    冷却水が流れない…
  • うちの冷却水の水質は、
    排水しても大丈夫なんだろうか…
  • 冷却塔の充填材交換が
    高すぎて予算がない…

冷却塔清掃・水質管理のプロへのご相談はこちらから!

株式会社セールスエンジ

0968-79-7177

受付時間 9:00 ~ 17:00 (月曜 ~ 金曜)

お電話でのお問合せの方が
よりスムーズにお答えできます。
お気軽にご相談ください。

お問合せフォームへ

冷却塔清掃ビフォーアフターはこちらから!

冷却塔清掃ビフォーアフターはこちらから!

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする