キー溝の旧JISと新JIS

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

明日から、3連休です。休み前は仕事を片付けるのに大忙し (;’∀’)

 

そんな夕暮れ、お客さんより電話が・・・

 

「納めてもらった、スプロケットの寸法が違っている!」 (”ロ”;)ゲゲッ!!

 

バタバタしていたので、勘違いしていました。

 

スプロケットの軸穴を加工する際に、失敗する業界あるあるです。

 

現物からスプロケットの軸穴を採寸したのですが、

 

かなり古い減速機にスプロケットが付いてたんです。

 

減速機を新品に交換すると、聞いていましたので、、確認すればよかったのですが。

 

新しい減速機に、製作したスプロケットをはめようとしたら、、、

 

キー溝の寸法が、旧JIS → 新JISに変わっており寸法が違う ((゚m゚;)アレマッ!

 

図面を書く際にJISの規格を、すっかり忘れてました。

 

軸穴を加工する際は、必ずキー寸法のチェックは必須です。

 

キー溝は、追加工し、何とか全損はまぬがれました。

 

危ない、危ない (-。-;)フゥー

この記事の注目ワード