高度成長期から使い続けた設備

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

最近、古くなった機械部品の見積り依頼がとても増えています。

 

この業界では、高度成長期に作られたプラント設備が、今でも現役で稼働しています。

 

昔の機械は、とても頑丈に作られているのですが、

さすがに、40~50年が限界のようです。

 

先日も、大型の減速機付モータから異音がするので、見て欲しいとの依頼を受けました。

 

設備も古く、図面も残っていません。

 

こんな時は、銘板だけが頼りです。

 

何とか型番が判らないかと、銘板を必死に爪でこすり、

「お願い、何とか見えてくれ~」

微かな刻印のあとを、虫眼鏡で拡大して調べました。

バイエルサイクロ減速機

 

古い減速機などは、廃番となっている事もよくあり、

現行機種に置き換えて、うまく取り付くようにしなければなりません。

 

最近では、モータの規格がIE1からIE3に変わりましたので、

電流値が高くなる傾向にあり、置き換えがスムーズにいかない事があります。

 

これから、もっともっと設備の老朽化が進むのでしょうね。

 

トップランナーモーター(IE3)交換時の問題点については、こちら

この記事の注目ワード

  • 冷却水が冷えずに、
    設備がしょっちゅう停止する…
  • 藻やヘドロが詰まって、
    冷却水が流れない…
  • うちの冷却水の水質は、
    排水しても大丈夫なんだろうか…
  • 冷却塔の充填材交換が
    高すぎて予算がない…

冷却塔清掃・水質管理のプロへのご相談はこちらから!

株式会社セールスエンジ

0968-79-7177

受付時間 9:00 ~ 17:00 (月曜 ~ 金曜)

お電話でのお問合せの方が
よりスムーズにお答えできます。
お気軽にご相談ください。

お問合せフォームへ

冷却塔清掃ビフォーアフターはこちらから!

冷却塔清掃ビフォーアフターはこちらから!

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする