なぜ、雨は降るのか?水の不思議

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

先日の豪雨、熊本でもかなり降りました。

 

被災に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。そして一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

 

水に関わる仕事をしていますと、水って何とも奇妙な物質だと思います。

 

気体になったり、固体になったり、色んなものが溶け込んだり、溶かしたり。

 

人間の体は、70%が水だと言われています。水なしでは、人は生きていけません。

 

ですが、時として水は災いをもたらします。

 

色んなお客さんから、水の相談を受けるのですが、

ほとんどの方が「水の事はまったく判らん」と言われます。

 

私自身も、普段から水に携わっていても、まだまだ、分からないことだらけです。

 

豪雨が降り続く中、外を見ていたら・・・ふと

 

なぜ?雨って降るんだろうと思いました。

 

水が空から降ってくる。なんか不思議だと思いませんか?

 

今回の大雨は、日本の上空で降り続けました。

 

理屈は、こうです。

 

気温が上がると、海水が蒸発し水蒸気となります。

 

風に流され、海から日本の上空へ来ると、山にぶつかります。

 

山の上空では、気温が下がり、水蒸気は冷やされ、水に戻ります。

 

その水が、空から降ってくる。

 

雨のメカニズムは、簡単に言えばそんな感じです。

 

毎年、大雨が増えているのは、地球温暖化の影響でしょうね。

 

九州では、梅雨が明けましたが、夕立などで急な雨も降ります。

被災地の方々は、くれぐれもご注意ください。

 

水の不思議な、話でした。

 

mizu

この記事の注目ワード