水が悪い地域は、洗車をすると車が真っ白になる

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

いつも、色んなお問合せを頂き、ありがとうございます。

 

「クーリングタワーの黒いところに付いている、白いもの落とすいい方法はありますか?」

 

みなさんが気になるご質問かと思いますので、

 

ブログに書かせてもらいました。

 

白い付着物を、高圧洗浄機で毎月1回洗ってあるそうで、

相当、水で困られているご様子です。

 

黒い部分は、充てん材と言って、水を蒸発させるための部品です。

 

表面に付く白い物質は、カルシウムやシリカなど、

水が蒸発した後の残り物です。

 

やかんを空焚きすると、底に残る白い水あかと同じです。

 

「お客さんの地域は、相当、水質が悪かみたいですね」

 

「そうなんですよ、車を洗車すると真っ白くなります」

 

真夏に、洗車すると白く水垢が付くのも、

水に含まれたカルシウムのせいです。

 

充てん材に付着したままだと、どんどん成長していき、最後は目詰まりします。

 

しかし、月一回の洗浄とは、大変でしょうね。

 

白い付着物を落とすには、高圧洗浄機で洗うのが一番です。

 

付着する量を減らす方法としては、

水を濃縮させずにブローすることをおススメします。

 

捨てる水の量としては、ほぼ水をかけ捨ての状態です。

 

それくらい、水を捨てないとスケール障害は防ぐことができません。

 

この記事の注目ワード