丸形クーリングタワーの故障の見分け方

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

丸形開放式クーリングタワーの、不具合についてご紹介します。

 

丸形クーリングタワー(冷却塔)の冷却方法は、上からスプリンクラーで水を散水して、下から風を吹上て水を冷却します。クーリングタワーの中で、水と風が上下で交差する構造ため、クロスフロー形冷却塔と呼ばれています。正常な丸形クーリングタワーは、充填材の上でスプリンクラーがゆっくりと回転し、水をシャワー状に降らせています。

 

丸形クーリングタワースプリンクラー

 

 

 

スプリンクラーの故障

水を散水するスプリンクラー(散水装置)が故障していると、水が滝のように流れていることがあります。回転しなくなる原因は、スプリンクラーに藻やスケールが詰まっているのか、中心のロータリー部が摩耗によって回らなくなったかです。

 

下の写真のように、全体的に水が降り注いでいるのが正常な丸形クーリングタワーです。

 

内部をのぞいてみて、何だか水の流れがおかしいなと思われたら、まずは、スプリンクラーが正常に回転しているか点検してください。丸形クーリングタワーの水が冷えない原因は、スプリンクラーが故障している場合がほとんどです。その場合は、修理をご検討ください。

 

この記事の注目ワード