丸形クーリングタワーの故障の見分け方

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

丸形開放式クーリングタワーの、不具合についてご紹介します。

 

丸形クーリングタワー(冷却塔)の冷却方法は、上からスプリンクラーで水を散水して、下から風を吹上て水を冷却します。クーリングタワーの中で、水と風が上下で交差する構造ため、クロスフロー形冷却塔と呼ばれています。正常な丸形クーリングタワーは、充填材の上でスプリンクラーがゆっくりと回転し、水をシャワー状に降らせています。

 

丸形クーリングタワースプリンクラー

 

スプリンクラーの回転動作については、Youtubeにて。

 

 

Youtubeで丸形冷却塔のスプリンクラー装置について、解説しています。

 

 

スプリンクラーの故障

水を散水するスプリンクラー(散水装置)が故障していると、水が滝のように流れていることがあります。回転しなくなる原因は、スプリンクラーに藻やスケールが詰まっているのか、中心のロータリー部が摩耗によって回らなくなったかです。

 

下の写真のように、全体的に水が降り注いでいるのが正常な丸形クーリングタワーです。

 

内部をのぞいてみて、何だか水の流れがおかしいなと思われたら、まずは、スプリンクラーが正常に回転しているか点検してください。丸形クーリングタワーの水が冷えない原因は、スプリンクラーが故障している場合がほとんどです。その場合は、修理をご検討ください。

 

「水のかかりつけ医」セールスエンジとは

熊本県荒尾市で、工場で使用される熱処理設備の水質管理を専門とした水処理屋です。冷却水の水質管理から冷却塔(クーリングタワー)の点検、修理、メンテナンスまで、水のことから設備のことまで知識が豊富な会社です。

 

  • 専門知識:ファインセラミックス分野、化学原料、自動車関連(xEV)、電子部品、半導体関連などで使用される熱処理設備の水質管理が得意です。
  • 生産性向上:お客様の工場設備が24時間365日、安定稼働することを心がけており、徹底した水質管理で生産性向上をご提供します。
  • 迅速対応:できる限りお客様のご要望を優先し、トラブル時には迅速対応を心がけています。

弊社の水質管理では、熱処理設備のトラブル激減!10年経っても安定稼働!お客様の設備構成や熱負荷の状況にあわせて水質管理をご提案します。

熱処理設備の冷却水トラブルでお困りの方には、「冷却水の無料診断サービス」を行っています。ご質問などは、お気軽にご連絡ください!

連絡先:0968-79-7177

担当:杉山

住所:熊本県荒尾市宮内1004番地

営業時間:9:00~17:00(月曜~金曜)

お問合せ:メールフォームはこちら

 

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする