水冷チラーのコンデンサー「高圧カット」が発生

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

年明け早々、水のトラブルでご連絡を頂き、

水冷チラーのコンデンサー(凝縮器、熱交換器)のスケール洗浄に行ってきました。

 

コンデンサーが目詰まりし、冷却水が流れずに、

高圧カット“で異常停止していました。

 

空調機やチラーなどは、フロンガス(冷媒)の圧力が制御されています。

高圧カット“は、コンデンサーがフロンガスを冷やしきれずに凝縮しなくなると、圧力が上昇し高圧異常で停止します。水冷コンデンサーの場合、内部にスケール(カルシウム・マグネシウム・シリカ)の付着や、ストレーナの目詰まりなどで冷却水が流れなくなると”高圧カット”が発生します。

 

ちなみに”低圧カット“は、フロンガス(冷媒)が漏れてガス圧の低下が原因です。

 

コンデンサースケール洗浄

 

コンデンサーの冷却水入口と出口に、

ホースを接続し仮設の循環ポンプでスケール洗浄液を入れて循環させます。

 

洗浄開始後は、まだ、透明な状態です。

 

配管が詰まっているので初めは、水量が少なくチョロチョロしか出てきませんでした。

 

 

洗浄液を循環後、5分もしたら水が真っ黒に!

 

水量もかなり増えて、流れも順調に回復しています。

 

30分程循環したら、水を入れ替え洗浄液を中和処理して、スケール洗浄は終了しました。

 

 

 

機械の運転が止まって、製造ができずに困られていたのですが、

冷媒ガスの圧力も下がり”高圧カット“も無事におさまりました。

 

20年以上使用された設備ですが、まだまだ、現役で活躍できそうです。

 

「本当に、正月早々助かりました」

 

新年早々、お客様から感謝の言葉を頂き、良い一年になりそうです。

 

今年も、一件でも多くの「お客様の困った」を解決したいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いします。

この記事の注目ワード