安売り競争

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

コロナショックの影響でしょうか。これまで、ほとんど競合しなかったメーカーさんを担ぐ商社が、驚くような価格を客先に提示し始めています。

 

飲食店などは、客足が遠のくと不況なのかもしれませんが、私たちの業界では、価格競争が激化し仕事の奪い合いが起こると不況のサインです。よくこんな金額で、材料費にもならないんじゃないだろうかと思うのですが、相手が提示している価格なので、文句の付けようがありません。

 

どんなに、初めから打ち合わせをしていても、すぐに価格でひっくり返ります。これが不況時のビジネスです。とにかく案件が少なくなると儲けは度外視です。安くてもいいから受注優先。

 

私もこの業界は、長いので何度となく不況を経験してきましたが、今回のコロナ不況は、ちょっと違いますね。かなり、値崩れのスピードが速い。

 

不況なので、価格競争が起こるのは、しょうがないのですが、このような価格を壊す売り方する商社が、私は好きではありません。

 

無茶苦茶な価格で受注をし、そのあと、メーカーさんに値段で泣きついてきます。

 

「受注してきたので、何とかしてくれ」

 

機械商社は、値段を下げて受注しても利益はしっかりと確保しています。どこの商社も、赤字では決して注文を受けません。結局、儲からないのは、製造元のメーカーさんです。

 

安売りの営業は、誰でもできます。営業マンは、お客さんに他社よりも高く買ってもらえる努力が必要です。

 

商社は、自分たちだけ儲かれば、それでいいのか?

 

そんなことをしていると、いずれメーカーさんは離れて行ってしまいますよ。

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする