台風の原理とは

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

みなさん、先日の台風10号は、ご無事でしたでしょうか。

 

事前では、かなり大型の台風だと予報されていたので、どうなる事かと心配しましたのが、幸いにも勢力が弱まりコースも若干それたことで、大きな災害にはならず一安心でした。

 

被害はなかったにしても、こんなに大きな台風は、経験したことがありませんでした。

 

九州の西側の方は、被害にあわれているようなので、心よりお見舞い申しあげます。

 

水の仕事をしていると、台風の発生原理がよくわかります。

 

台風は、水のメカニズムと大きく関係しているからです。

 

水は、液体、気体、固体と温度によって、形を変える不思議な物質です。

 

海水が温められ、蒸発する際に上昇気流が起こり、水蒸気が渦を巻いて上空へ昇っていきます。

 

大きく発達すると、台風になります。

 

雨は、水蒸気が上空で冷やされ、水蒸気(気体)が水(液体)になり地上へと降ってくるのが雨です。

 

今回のように、異常に台風が発達するのは、地球の気温が高くなっている事と関係しているのが、水を知るとよくわかります。

 

梅雨の時期に、大雨が降るのも、気温が高くなっているのが原因です。

 

今後も、雨や台風の災害は、増えてくるでしょうね。

 

環境問題は、切実だと思います。

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする