商社不要論が再燃

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

不況になるたびに巻き起こる「商社不要論」

コロナ禍において、経済が沈む中、再び商社不要論が再燃しています。

 

弊社は、もともと機械商社です。工場のお客様に対して産業機械の販売からスタートした会社です。ですが、機械商社でありながら、脱商社を目指してきました。

 

右から左へと機械を売るのは、誰にでもできます。お客様からすれば、安ければどこから買っても同じです。そんな商売では、成り立たない。そんな思いから、機械メーカーさんが提供できないサービスを、当社が代わりに提供するようにしてきました。

 

社名のセールスエンジは、セールスエンジニア(技術営業)から付けた社名です。

 

モノではなく、価値を売る。そんな商社になりたいとの思いからです。

 

購買の立場の方からしたら、商社って必要なの?別にいなくてもいいんじゃね。と思われるかもしれません。しかし、工場などの現場にとって機械商社は、なくてはならない存在です。

 

機械商社には、購買寄りの営業で売るだけ商社と、現場へと足げに通いお困りごとを解決する商社があります。

 

前者は、モノ売り。後者は、価値売り。です。

 

商社脱却を掲げてきたのですが、なかなか、すべてを捨てることが出来ませんでした。

 

事業には、「ライフサイクル」があります。いつまでも、既存の事業に執着していると、いずれ事業は衰退していきます。新しいビジネスは、捨てることから始まります。これまでの慣習や、古くからの商流、売上に貢献しなくなった商品などを捨てなければ、企業は新たなステージへは進むことができません。

 

コロナ不況は、当社にとって最大のチャンスです。

 

当社の経営理念は、

セールスエンジニアとして、お客様の”困ったを解決”する
「機械技術商社として、モノではなく価値を提供し、お客様企業への生産性向上を通じ、社会に貢献できる企業であり続けます」

 

厳しい時代だからこそ、企業は成長することが出来ます。

 

お客様、取引先様から、セールスエンジじゃないとダメだとと言われる企業を目指していきます。

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする