熱処理設備の老朽化にあわせて水質管理装置を導入

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

熱処理設備の老朽化による、更新とあわせて冷却水薬注装置を導入いただきました。

 

装置のイニシャルコストを抑えるために、1台の薬品タンクから、2基の冷却塔へ薬剤を注入します。

 

さらに、薬剤のランニングコストを抑えようと、2液を使用します。

 

冷却水処理剤は、1液タイプより、2液を使った方が、コストが下がるんです。

 

1液タイプは、複合処理剤と言って、スケール、腐食、スライムにすべて効く、オールインワンの水処理薬剤です。

 

オールインワンタイプは、冷却水中での薬剤維持濃度が、高いため、注入量が増える薬剤です。

 

それを、2液で行うと、必要な薬剤を、必要な量だけ入れることができますので、トータルでコストが下がります。

 

1液と2液では、コストで約半分になります。

 

初期投資は、2倍掛かりますが、冷却水処理剤は長く使用するため、すぐに元を取ります。

 

冷却水薬注装置

 

冷却塔が2基あるため、冷却水管理装置(自動ブロー装置)も2台設置します。

 

1つの制御BOXに、2台の冷却水管理装置を入れています。

 

冷却水薬注装置

 

冷却水処装置は、現場の冷却塔にあわせて、様々な組み合わせをします。

 

冷却塔の規模、設置場所など、色んな条件を考慮して選定します。

 

お気軽にご相談ください。

 

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする