冷却塔(クーリングタワー)の清掃後、エア噛みを防ぐ方法

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

冷却塔(クーリングタワー)の清掃や、一時的にポンプの運転を停止した時などに、冷却水配管内の水が抜けてしまい、再び、ポンプの運転を行うをとエア噛みによって循環不良となることがあります。

 

もしも、配管内の水が抜けてエアが入った場合、エア抜きが必要になります。

 

熱交換器にエアが入った場合

プレート式熱交換器やシェルアンドチューブ式熱交換器などにエアが入ったままだと、冷却水に熱が伝わらず冷えなくなります。熱交換器の高い位置に取付けられたエア抜き弁を開けてエアを抜く必要があります。配管内のエアが送られてきて熱交換器に溜まることもありますので、完全にエアが抜けるまでエア抜きを行う必要があります。

 

循環ポンプにエアが入った場合

循環ポンプにエア入った場合、エアが噛みよって水に遠心力が働かなくなり、ポンプが水を送る事ができなくなります。ポンプに取付けられたエア抜き弁を開けてエアを抜く必要があります。

 

冷却塔の清掃でエア噛みを防ぐ方法

冷却塔(クーリングタワー)の清掃を行う際には、冷却塔に接続された配管の出口と入口のバルブを閉じておき、配管内の水が抜けないようにしておけば、系内にエアが入るのを防ぐことができ、運転再開時にエア噛みが起きにくくなります。

 

YouTubeでも、冷却塔のエア噛みについて解説しています。

 

 

「水のかかりつけ医」セールスエンジとは

熊本県荒尾市で、工場で使用される熱処理設備の水質管理を専門とした水処理屋です。冷却水の水質管理から冷却塔(クーリングタワー)の点検、修理、メンテナンスまで、水のことから設備のことまで知識が豊富な会社です。

 

  • 専門知識:ファインセラミックス分野、化学原料、自動車関連(xEV)、電子部品、半導体関連などで使用される熱処理設備の水質管理が得意です。
  • 生産性向上:お客様の工場設備が24時間365日、安定稼働することを心がけており、徹底した水質管理で生産性向上をご提供します。
  • 迅速対応:できる限りお客様のご要望を優先し、トラブル時には迅速対応を心がけています。

弊社の水質管理では、熱処理設備のトラブル激減!10年経っても安定稼働!お客様の設備構成や熱負荷の状況にあわせて水質管理をご提案します。

熱処理設備の冷却水トラブルでお困りの方には、「冷却水の無料診断サービス」を行っています。ご質問などは、お気軽にご連絡ください!

連絡先:0968-79-7177

担当:杉山

住所:熊本県荒尾市宮内1004番地

営業時間:9:00~17:00(月曜~金曜)

お問合せ:メールフォームはこちら

 

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする