冷却塔の下部水槽から水が溢れる原因とは

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

冷却塔(クーリングタワー)の下部水槽から、突然、水が溢れてくることがあります。

 

原因は、冷却塔の内部に取付けられたストレーナの目詰まりです。

 

ストレーナが目詰まりをすると、冷却水が循環できなくなり、戻ってきた水が下部水槽より溢れてきます。

 

冷却塔ストレーナ

 

よくあるのは、冷却塔(クーリングタワー)の充填材を高圧洗浄した後に、スケールの屑が落ちてきてストレーナを詰まらせ水が溢れてきます。

 

日常的には、藻が繁殖してストレーナに詰まることもあります。

 

ストレーナの目詰まりを防ぐ方法

冷却塔清掃後の対策としては、清掃が終わった後に5分程、循環ポンプを回して冷却水を循環し、ポンプを止めて水を抜き、下部水槽とストレーナを洗い流します。1~2回繰り返すと、スケール屑も出てこなくなり、目詰まりはしなくなります。

 

日常的には、定期的にストレーナと下部水槽の清掃を行うことと、水処理薬剤を投入し藻の繁殖を抑えると、ストレーナの目詰まりは解消されます。

 

冷却塔の急なトラブルを防ぐには、日頃から点検や水の管理を行うことをおススメします。

 

YouTubeでも、冷却塔から水が溢れる原因について解説しています。

 

 

「水のかかりつけ医」セールスエンジとは

熊本県荒尾市で、工場で使用される熱処理設備の水質管理を専門とした水処理屋です。冷却水の水質管理から冷却塔(クーリングタワー)の点検、修理、メンテナンスまで、水のことから設備のことまで知識が豊富な会社です。

 

  • 専門知識:ファインセラミックス分野、化学原料、自動車関連(xEV)、電子部品、半導体関連などで使用される熱処理設備の水質管理が得意です。
  • 生産性向上:お客様の工場設備が24時間365日、安定稼働することを心がけており、徹底した水質管理で生産性向上をご提供します。
  • 迅速対応:できる限りお客様のご要望を優先し、トラブル時には迅速対応を心がけています。

弊社の水質管理では、熱処理設備のトラブル激減!10年経っても安定稼働!お客様の設備構成や熱負荷の状況にあわせて水質管理をご提案します。

熱処理設備の冷却水トラブルでお困りの方には、「冷却水の無料診断サービス」を行っています。ご質問などは、お気軽にご連絡ください!

連絡先:0968-79-7177

担当:杉山

住所:熊本県荒尾市宮内1004番地

営業時間:9:00~17:00(月曜~金曜)

お問合せ:メールフォームはこちら

 

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする