大雨の影響による冷却水の濃縮低下について

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

九州の方では、連日、大雨が降り続いています。

 

昨年は、近隣で浸水被害が相次ぎ大変でした。同じようなことが起こらなければいいのですが。

 

大雨の時は、冷却塔(クーリングタワー)に雨水が大量に入り込み、冷却水の濃度が低下する原因となります。

 

冷却水が薄まれば、水処理薬剤の濃度も低下していきます。

 

急な大雨の時や、冷却塔の清掃後などは、水処理薬剤の濃度を上げるために補助的に投入する必要があります。

 

YouTubeでは、冷却水の濃縮が低下している場合に行う、薬剤の投入方法について解説しています。

 

 

~~熱処理設備の水質管理専門「水のかかりつけ医」セールスエンジ~~

★ホームページ:https://saleseng.jp

★電話番号:0968-79-7177

 

冷却塔の水処理屋/株式会社セールスエンジの杉山です。

 

熱処理設備で使用される冷却水の水質管理から冷却塔(クーリングタワー)の保守までおこなっています。

 

冷却水トラブルでお困りでしたら、お気軽にお電話ください。

 

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする