海の近くにある冷却塔は塩分の影響で腐食が起きる

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

海が近い工場などでは、潮風の影響で冷却塔(クーリングタワー)で腐食障害が起きることがあります。

 

潮風が冷却水に溶け込むと、塩分濃度が高くなり冷却水系統で腐食が起きます。

 

配管や設備をステンレスにするなどの対策とが必要です。

 

水処理では塩分濃度を下げて濃縮を管理し、防食剤を添加することが大切です。

 

冷却水の腐食障害は、系内すべてに影響を及ぼしますので、水質管理はとても重要です。

 

 

~~熱処理設備の水質管理専門「水のかかりつけ医」セールスエンジ~~

★ホームページ:https://saleseng.jp

★電話番号:0968-79-7177

 

冷却塔の水処理屋/株式会社セールスエンジの杉山です。

 

熱処理設備で使用される冷却水の水質管理から冷却塔(クーリングタワー)の保守までおこなっています。

 

冷却水トラブルでお困りでしたら、お気軽にお電話ください。

 

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする