冷却塔(クーリングタワー)のファンベルトは点検されていますか?

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

クーリングタワー(冷却塔)の羽根が回転していないんですけど

との問い合わせを頂きました。

 

クーリングタワーファン

 

温度制御をされていると冷却水の水温が低い時は、ファンが回りません。

 

ですが、、、

 

夏場なのに水温が上がってもファンが回りません。

 

モータが焼けたか?電気系のトラブルか?

 

調べているとモータだけが、むなしく空回り・・・

 

ファンのVベルトが切れていました。

 

Vベルトが切れると、ファンが回転しませんので、

結果、冷却水が冷えなくなります。

 

冷却塔(クーリングタワー)にとっては、とても重要な部品なので、

ファンベルトは定期点検が必要です。

 

☑ Vベルトがひび割れなどしていないか。

☑ テンション(張り)が適正なのか。

 

消耗しているようでしたら、早めに交換をしましょう。

交換目安としては、年1回です。

 

ファンベルトは、消耗品なので急なベルト切れに備え予備品が必要です。

 

古くなると、ベルトの型式が分からなくなりますので、

Vベルトの型式を事前に調べておく必要があります。

 

ベルトの型番が分からない場合は、冷却塔メーカーに手配することになります。

 

そうなると、納期がかなり掛かったりします。

 

型番さえわかれば、一般的に手に入りますので、必ずVベルトの型式を控えておいてください。

 

クーリングタワー Vベルト

 

Vベルトの交換は、モータが取りついている、

スライドベースのボルトを緩めると、ベルトが緩みます。

 

新品と交換し適正なテンション(張り)に調整します。

テンションについては、ベルトのサイズやファンの大きさによって異なりますので、

ファンカバーなどに張りしろが記載されている事が多いです。

 

ベルトの緩みは、プーリが空回りし、

逆に張り過ぎは、モータの過負荷へと繋がります。

 

交換する時には、プーリーとVベルトの間に手を挟めれやすいので、注意して作業を行ってください。

 

クーリングタワー Vベルト

 

冷却塔(クーリングタワー)のトラブルを防ぐには、日ごろのメンテナンスが大切です。

 

この記事の注目ワード