熱処理設備の冷却水トラブルでお困りの、
設備担当者さまへ

“ 熱処理設備にご使用の冷却水が
年に1回以上冷えなくなる
もしくは流れなくなりませんか?”

それは、
冷却水の「水質が問題」です。

熱処理設備のトラブルが起きる、
原因の80%が冷却水の水質です。
(当社調べ50社中)

いつも、当社のホームページをご覧いただきありがとうございます。
これまで、多くの企業さまから熱処理設備の冷却水トラブルについて、水質管理や冷却塔メンテナンスに関するお問合せやご相談を頂いてきました。

そのほとんどが、「突発的な設備トラブルで、とても困っている」と言ったご相談です。
私たちの考えでは、熱処理設備は普段から徹底した水質管理を行えば、将来的な能力低下や突発停止などのトラブルは、ほぼ起こらないと思っています。

しかし、ホームページから頂くお問合せのほとんどが「水の管理は、何もやっていない」と言われ、現場を伺い調査すると、やはり「水質が問題」でトラブルが起こっています。
実際、弊社が2008年に熱処理設備の水質管理を最初に請け負った、焼成炉は13年経ちますが、新設時と変わらぬ性能のまま、冷却水系はトラブルなく安定稼働を続けられています。

熱処理設備にとって冷却水は、人で言う血液と同じです。人が不摂生な生活を送り続けると、動脈硬化で血管が詰まったりするのと同じように、冷却水も水質に問題があると配管が詰まって水が流れなくなるなどの設備トラブルが発生します。設備の突発的なトラブルを防ぐには、日頃から冷却水の水質管理を行い適切な水質を保ち続ける必要があります。

私たちがこれまで培ってきた、工場プラントや熱処理設備の水質管理ノウハウで、お客様が抱える設備トラブルを解決させて頂きます。

株式会社セールスエンジ

社長 杉山哲也

[ 水のかかりつけ医 ]

熱処理設備の水質管理専門
「水のかかりつけ医」が
お悩みを解決!

熱処理設備の水質管理に強い
水処理会社

弊社は、ファインセラミックス分野、化学原料、自動車関連(xEV)、電子部品、半導体関連などの熱処理設備で使用される、冷却水の水質管理を得意としています。工場や熱処理設備ごとの構成にあわせ冷却水の水質管理を行ない、将来的な能力低下や突発的なトラブルを防止いたします。

様々な重要設備を任されてきた
対応力

弊社が請け負う熱処理設備は、ほとんどが24時間365日稼働し工場の生産を担っている設備です。突発的なトラブルが許されない工場の生産ラインを、陰で支えてきた信頼と実績で、お客様に設備の安定稼働をご提供します。

水質管理の実績はこちら

こまめな訪問による
徹底した水質管理

弊社が行う冷却水の水質管理は、毎月1回以上、お客様の工場を定期訪問し、水の採水、現場で水質のチェック、冷却塔の点検、水質分析報告、水処理薬剤の補充など、現場での徹底した管理でトラブルを未然に防止します。冷却水の水質を保つ水処理薬剤の注入も、季節の気温や、熱処理設備の負荷にあわせて細かく注入量を調整し、必要最低限の薬剤使用量で、最大限の効果を発揮させます。

水質管理サービスはこちら

水処理以外に
産業機械の知識が豊富

弊社は長年、生産設備や冷却塔(クーリングタワー)などの販売・メンテナンスを行ってきたため、水処理以外に設備の知識も豊富です。水の管理だけではなく、冷却塔の保守管理も行ないます。冷却水系のすべてをお任せください。

産業機械の実績はこちら

冷却水の無料診断サービス

熱処理設備のトラブルを改善するには、
まず、水質を知ることが重要です。
冷却水をお送りいただくと、
無料で水質診断いたします。

無料診断お申し込みの流れ

  1. お願い

    01

    水処理業者さま、ビル設備管理業者さまへの無料診断については、お断りいたしております。
    設備を保有される直接のお客さまのみ、ご対応しているサービスとなりますのでご理解ください。

  2. 無料診断サービスの
    お申込み

    02

    お電話か、メールにてお申込みください。「冷却水の無料診断サービス」を依頼したいとご連絡ください。
    まずは、設備トラブルの現状をヒアリングさせて頂きます。

    対応エリアは、福岡県、熊本県、佐賀県、大分県、長崎県、鹿児島県、宮崎県となります。

  3. 冷却水を送る

    03

    1.冷却水の診断には、2本の水が必要です。
    500ccのペットボトルに採水した冷却水を入れて、セールスエンジまでお送りください。
    ①補給水、②冷却水が分かるようにマジックで名称をご記入ください。

    1本目:補給水
    冷却塔(クーリングタワー)に給水する「新しい水」を、ボールタップや水道蛇口から出る水を採水してください。

    2本目:冷却水
    熱処理設備や冷却塔(クーリングタワー)で「循環している水」を、採水してください。

    2.使用するペットボトルについて
    ペットボトルは、飲料用の水で使ったものをご利用ください。ジュースで使用されたものは、使わないでください。
    3.採水のしかた
    ペットボトルの中を、採水する水で2~3回すすいでください。
    すすぎ終えた後、ペットボトルいっぱいに冷却水を入れてください。

    ※採水するときの注意点

    ① 普段、循環されている冷却水をそのまま採水してください。新しく冷却水の入替をされた後などでは、
    正しい水質診断が行えません。

    ② 冷却塔やピットに浮かんだ泡やゴミなどは、なるべく入らないようにしてください。

    4.冷却水の送り先
    株式会社セールスエンジ(冷却水の無料診断)宛
    住所:〒864-0004 熊本県荒尾市宮内1004番地

    TEL:(0968)79-7177

    5.送料について
    送料はお客様にてご負担願います。
  4. 診断結果ご報告

    04

    水質の分析に10日ほどかかりますのでお待ちください。
    分析結果から、冷却水が設備トラブルにどう影響がしているかご報告いたします。

お申し込みフォーム

「水のかかりつけ医」よりご連絡いたします。

貴社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス

以上内容にお間違いがないか確認の上、
「送信する」ボタンを押して下さい。