リン酸を含まない冷却水処理剤は、ありますか?

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

「冷却塔で使用している、薬剤でリンを含まない代替品はありますか?」との、ご質問がありました。

 

あら、なんか問題でもあったんやろか (´・ω・)?

 

ご質問に対して、

「はい、無リン酸タイプの冷却水処理剤はありますよ」

 

お客さん「社内の排水を調べてたら、水処理の薬剤がリン酸だったもんで」

 

ブロー排水する時に、薬剤が排水基準に影響がないか心配されてました。

 

リン酸は、冷却水のスケール防止剤として使われます。

 

代表的な薬剤は、以下の種類です。

・ 有機リン化合物 :成分 ホスホン酸塩

・ 低分子量ポリマー:成分 カルボン酸ポリマー

 

これらの、薬剤はスケール防止の効果が高いため、

冷却水やボイラ水で一般的に使用されています。

 

それに対し、無りん酸タイプは、スケール防止の効果が低く、

ホスホン酸塩と比べると、注入量を増やす必要があります。

 

無りん酸で水処理を行うと、

コスト的には、3〜5倍かかるんです。

 

排水は、水質汚濁防止法により、生活環境項目の排水基準で、

燐(りん)含有量 1Lにつき16mg(日間平均8mg)と規制されています。

リンを含む排水は、富栄養化しプランクトンの異常発生の原因になります。

環境省の排水基準は、こちら

 

きちんと水質管理を行った場合、ホスホン酸塩は冷却水で希釈されますので、リン含有量1〜2mg/L程度で排水されます。

 

これが、適正な水質管理を行っていないと、薬剤の過剰注入などによって、排水基準を超える場合がありますので、注意が必要です!

 

環境問題か、コスト低減か、悩ましい問題ですね。

 

冷却水の水質管理については、こちら

この記事の注目ワード