冷却塔(クーリングタワー)のモーター電流値が高いのはなぜ

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

先日、新規で納入したお客さんへ冷却塔(クーリングタワー)の試運転に行ってきました。

 

納入から2ヶ月が経ち、プラントの工事が終わりようやく試運転が始まりました。

 

すると、早速。

 

冷却ファンのモータ電流値が、異常に高く。定格電流値を超えていました。

 

モータの定格電流値が20.0Aに対し、19.92Aでギリギリの状態です。

 

アンペアメーター

 

初めは、ファンを駆動させるVベルトがなじむまでは、電流値が高いだろうと思っていたら。数時間たっても、一向に電流値が下がらないんです。

 

冷却塔メーカーさんに連絡し、出荷時の工場検査記録を確認しても、定格電流値は問題がありませんでした。なのに、なぜ、現場に設置して運転すると電流値が高いのか、原因がさっぱりわかりませんでした。

 

冷却塔(クーリングタワー)が運転できないと、プラント設備全体の試運転ができません。Vベルトの張力を測定したり、色んな事を調べていたら、ようやく電流値が高い原因が判明しました。

 

今は、11月で外気温が20℃でした。さらに、冷却水は17℃と冷えた状態です。工場で検査したときは、8月の外気温が32℃の時です。

 

空気は、温度が低いほど比重が重たいため、ファンには負荷がかかり電流値が上がります。

 

試運転でしたので、冷却水の水温が低い状態でしかファンを回すことができずわからなかったのですが。

 

冷却塔(クーリングタワー)は、温かい水を空気で冷やす機械です。

 

温かい水が通ると、充填材で熱交換した際に吸い込んだ外気は熱をもらいますので、ファンが吐出する空気(=蒸気)の温度は上がります。空気は温かいほど比重が軽いので、ファンへの負荷も下がりモータの電流値は低下します。

 

原理を考えると、納得でき、試運転は無事に終了しました。

 

冷却塔のワンポイントアドバイス!

真冬で水温が低い状態のときは、空気の比重が重たいので、冷却塔のファンを回しっぱなしにしているとモータが過負荷で焼けることもあります。水温を検知してファンをON/OFF制御させることをおススメします。

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする