冷却水薬注ポンプが焼けている

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

今日は、台風の影響で仕事ができないかな〜と思ってましたが、
九州を大きく逸れてくれて、ホッと一安心。

 

雨も上がったことだし、冷却塔の薬注ポンプ交換に行ってきました。

 

冷却塔 薬注ポンプ

 

毎月、水質管理で薬注ポンプの点検を行っているのですが、

1ヶ月前から、タンクの残量が減っていませんでした(・・?

 

原因を調べると、ダイヤフラムポンプが停止してました。

 

コイルが焼けているようで、冷却水処理の薬剤を注入できない。

 

「あー、 ポンプが逝っとるな」

 

このままだと、水質が悪化します。

メーカーさんに問い合わせると、納期が1ヶ月も掛かるとの返事が・・・・

 

「いっ、1ヶ月なんて、とても待てーーーん!次は、設備が焼けてしまう!!!」

 

小さなポンプですが、プラント設備を守る重要な役割をしています。

 

でも、大丈夫(^^)v

そんな時のために、貸出用の薬注ポンプをご用意しております(^^♪

 

すぐに、故障した薬注ポンプと取り換えました。

1ヶ月後、ようやく新品のポンプが入荷したので、貸出機と入れ替えに。

安定的に水質を保つには、日々いろんなトラブルとの戦いです。

 

冷却水薬注ポンプ


ブログ「最近どげんね?」は全国ブログランキングに参加しています!
クリックして頂くと嬉しいですヽ(^o^)丿

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする