株式会社セールスエンジ

「設備の未来(あした)をささえる」
冷却塔トラブル改善プロ

Vol.04 角形密閉式冷却塔(クーリングタワー)の定期清掃

角形密閉式冷却塔(クーリングタワー)の定期清掃

年に1度ご依頼を頂く、冷却塔(クーリングタワー)の清掃を実施いたしまし。

気温も30℃を超えており、暑い時期の冷却塔清掃は、屋外作業の上に湿度も高いので熱中症に注意が必要です。冷却塔の清掃時期は、6月の梅雨前までか、10月以降の気温が低い時期がおすすめです。

冷却塔(クーリングタワー)の汚れをそのままにしていると、設備トラブルの原因になりますので、年に1度、設備を停止できるタイミングに高圧洗浄機による清掃をおこなっています。

クーリングタワー清掃

冷却ファンの清掃

クーリングタワーのファンは、汚れが付着すると羽根のバランスが狂ってガタガタと振動の原因になります。汚れが乾燥して固まっていますが、落とせる分はすべて除去します。

クーリングタワーファン

ファンベルトとVプーリーの点検

クーリングタワー清掃の際には、Vベルトやファン軸受などの点検も一緒に行い、不備があれば修理の提案もおこなっています。

軸受は、水が掛かるため4~5年での交換がおすすめです。

クーリングタワーVベルト

充填材の清掃

冷却塔(クーリングタワー)の充填材は、汚れが付着しています。充填材が目詰まりすると風のとおりが悪くなり、冷却水が冷えなくなります。高圧洗浄機で時間をかけて、スケールや泥を洗い落とします。

BEFORE

クーリングタワー充填材

充填材は、定期的に清掃することで、かなり長持ちします。冷却能力の低下もほとんどありません。

AFTER

クーリングタワー充填材

下部水槽の清掃

毎年、清掃を行っていてもクーリングタワーの中は、こんなに泥がたまっています。冷却塔(クーリングタワー)は、外気を吸い込み水を冷やしているので、砂ぼこりなどが風と一緒に入ってきます。この汚泥が、ストレーナを詰まらせる原因になりますので、定期的に清掃は必要です。

BEFORE

クーリングタワー清掃

クーリングタワー清掃後は、スケールの屑が大量にでてきます。スケール屑をキレイに取り除かないと、運転再開後に、ストレーナを詰まらせます。なので、最後の最後まで、スケール屑を洗い流します。

AFTER

クーリングタワー清掃

清掃後の汚泥の処分

スケール屑や泥は、排水に流すと詰まりますので、すべて土のう袋で回収し産業廃棄物として処分します。

クーリングタワースケール

こちらの動画では、冷却塔(クーリングタワー)清掃のやり方について、詳しく解説しています。

当社では、冷却塔のトラブルについて、改善のご提案を行っています。水処理薬品の効果を検証するため、薬注装置のテスト機もご用意しております。テスト機で得た水質データをもとに、社内検討いただくことも可能です。冷却塔(クーリングタワー)のトラブル改善については、「冷却塔トラブル改善プロ」まで、お気軽にお問い合わせください。