株式会社セールスエンジ

「設備の未来(あした)をささえる」
冷却塔トラブル改善プロ

冷却塔(クーリングタワー)の水質管理点検作業

冷却塔(クーリングタワー)の水質管理点検

セールスエンジがおこなっている冷却塔(クーリングタワー)の水質管理点検作業はこちらです。

自動ブロー装置

電気伝導率が上限の設定数値に達した場合、自動でブロー弁が開き給水をおこない、電気伝導率が下限の設定数値まで下がるとブロー弁が閉じ、冷却水の過剰濃縮を防ぐ装置です。自動ブロー装置には、冷却水の電気伝導率が表示されており、その数値が設定した範囲内にあるかを確認します。

電気伝導率センサー

自動ブロー装置と連動しており、常時、冷却水の電気伝導率をセンサーで測っています。このセンサーに汚れが付着し誤作動していると、間違った数値で水質管理してしまうため、点検時にセンサーの清掃と、ポータブル型の電気伝導率測定器と照らし合わせ、正常な値を示しているかを確認します。

ポータブル型電気伝導率測定器

電気伝導率計

冷却水の電気伝導率を現場測定し、設置している冷却水管理装置に値の狂いがないか確認しています。

薬注ポンプ

冷却水へ薬剤を注入する装置です。薬剤タンクと繋がっており、タイマーによる注入間隔や注入量を設定し、自動で薬剤を注入できます。また、補給水の配管に取り付けた流量計からパルス信号を受信し、給水量に比例した注入方法も可能です。現場の仕様に合わせて最適な設定をしています。点検時に薬注されているか動作確認しています。

薬剤濃度測定器

冷却水の薬剤濃度を測定します。薬剤濃度が低ければ、薬剤注入量を増やし、高ければ注入量を減らす等対応します。本来、薬剤濃度は採水した冷却水を分析センターへ送りその分析結果を受けて確認できますが、薬剤濃度測定器は現場測定できるため、その場で水質の異常を見つけ、即対応できます。

塩素濃度測定器

冷却水の塩素濃度を測定します。藻や雑菌の繁殖を抑えるために、塩素(次亜塩素酸ナトリウム)を冷却水に投入しており、適正な濃度かどうか測定します。塩素は、濃度が高すぎると、設備を腐食させてしまいますので、冷却水中での塩素濃度は、遊離塩素で0.5mg/L以下(水道水と同じレベルの濃度)で管理を行います。

固形塩素溶解装置(SCフィーダー)

塩素(次亜塩素酸ナトリウム)が入っており、ブロー給水と共に冷却水へ塩素が溶け込む仕組みとなっております。点検時、固形塩素溶解装置(SCフィーダー)に固形塩素剤の補給をします。

薬剤タンク

冷却水へ注入する薬剤の入ったタンクです。薬注ポンプと繋がっており、冷却水へ薬剤が注入される度、薬剤の残量が減るため、点検時にタンクの薬剤残量を確認し適宜補充をします。タンク残量が減っていないと薬注ポンプの故障など考えられるため、原因を探しその場で対応します。

採水ボトル

冷却水や補給水を採水し、専門の分析センターへ送ります。後日分析結果が通知され、水質に含まれる成分量等が数値化されます。それを基に、適切な数値を保つべく薬注量など変更し対応します。

以上が水質管理点検作業の流れとなります。冷却塔の種類や使用薬剤によって、一部追加の点検や、測定できない点検があるので、点検現場ごとの仕様で対応しております。

冷却水管理装置のテスト機貸出しのご案内

セールスエンジでは、水の4大トラブル(スケール、腐食、スライム、レジオネラ属菌)などでお困りの方に、水質管理の効果をご実感いただくため、冷却水管理装置の無料テスト機貸出しをおこなっています。お客様の冷却塔(クーリングタワー)にテスト機を設置し、定期的に水質分析をおこない、見た目ではわかりずらい水質改善の効果を数値でご確認いただくサービスです。(水質管理装置テスト機貸出しについて詳しくはこちらをご覧ください

冷却塔(クーリングタワー)のトラブル改善については、「冷却塔トラブル改善プロ」まで、お気軽にお問い合わせください。