冷却塔(クーリングタワー)のスライム薬品のバッチ投入とは

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

水処理薬品の投入方法について、ご質問をいただきました。

 

「クーリングタワーに入れる薬剤を薬注タンクからポンプで自動投入しています。」

「それとは別に、定期的にバッチ投入しているのですが、バッチ投入とは何のことですか?」

 

冷却塔の冷却水へ薬品を注入するには、いくつか方法があります。

 

一般的な方法として、薬注ポンプで点滴のように入れる自動注入、もう一つは、計量カップで量をはかり、定期的に薬剤を入れるバッチ投入です。

 

バッチとは、一括や、一度にと言う意味です。

 

この二つの投入方法をあわせて行うのは、スライムやレジオネラ属菌に対する水処理方法になります。

 

自動注入は、冷却水中の薬剤濃度を一定に維持し、スライム(雑菌や藻)やレジオネラ属菌の繁殖を抑制しています。この水処理剤のことを、スライムコントロール剤と呼びます。

 

コントロール=抑制です。

 

業界用語では、スラコン剤と呼んでいます。

 

菌が活発に繁殖し抑制しきれなくなったときに、薬剤をバッチで投入します。バッチ投入する薬品も種類は同じような成分ですが、水に入れる濃度が違います。冷却水に高濃度で一括投入し、スライムやレジオネラ属菌を短時間で殺菌します。

 

数週間後、また菌が増殖してきたら投入する。これを定期的に繰り返します。

 

それと、冷却塔(クーリングタワー)を清掃した時は、水を入れ替えますのでバッチ投入が必要です。薬注ポンプで入れても濃度が上がるまで数日掛かります。その間は、薬剤濃度が低い状態なのでスライム、レジオネラ属菌の繁殖が起こります。清掃後は、必ずバッチ投入を行ってください。

冷却塔清掃のお問い合わせはこちらまで

 

バッチで薬剤を入れる際の量は、保有する冷却水の量から計算します。薬剤が少ないと水で薄まり効果がなく、多すぎると濃度が高く設備を腐食させたりします。

 

量を適当に入れては、絶対にダメですよ。

 

人が風邪を引いたときに、適当に薬を飲んだりしませんよね。水処理薬剤は、プロの処方箋にもとづき注入する必要があります。