冷却水のストレーナが頻繁に詰まるので困っている

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

気温が上がり始めるこの時期に増えるのが、

冷却水のストレーナが頻繁に詰まるので掃除が大変」というご相談です。

 

冷却塔(クーリングタワー)や循環ポンプなどに取付けられたストレーナの金網に、藻やスケールなどが詰まると冷却水が流れなくなります。

 

熱処理設備やチラー設備などでは、冷却水が流れなくなると水温が上がり、設備が温度異常で停止します。そのため、「1日に何回もストレーナを外して掃除をしているので生産ができない」と言われます。

 

ストレーナの役割は、金網でゴミを補足することで、設備や機械にゴミを行かなくすることです。ストレーナが頻繁に詰まるからと言って、金網を外されていることがありますが、そうすると、配管や機械の中にゴミが詰まり冷却水が流れなくなります。

 

基本、ストレーナは、定期的に掃除をするために取付けるものです。外してしまっては、ゴミを取ることができなくなります。

 

冷却塔ストレーナ詰まり

ストレーナが詰まる原因とは

冷却水系でストレーナが詰まる原因のほとんどが、藻や雑菌の繁殖です。冷却水の水温は、30℃~40℃でぬるいお風呂程度で、藻などが繁殖するには最適の水温です。しかも冷却水は、常に同じ水が循環していますので、藻や雑菌が爆発的に繁殖します。

 

そのため、ストレーナを清掃しても、またすぐに藻が繁殖して目詰まりを繰り返しになります。

 

ストレーナの詰まりを改善する方法

ストレーナの詰まりを改善する方法としては、冷却水に水処理薬剤の添加をお勧めします。冷却水系全体に繁殖した藻や細菌などが、薬剤の効果で死滅します。ストレーナの詰まりが解消されるため、生産ラインを止めなくて済むようになります。頻繁に行っていたストレーナの清掃が無くなり作業者の方の負担が減ります。

 

ただし、ストレーナの詰まりは解消されますが、徐々に死骸が冷却塔(クーリングタワー)の底へと堆積してきますので、1年に1回程度は冷却塔の清掃をお勧めします。

冷却塔の清掃については、こちら

 

薬剤を入れているのにストレーナが詰まる場合

水処理薬剤を添加しているのに、藻や雑菌が繁殖しストレーナが詰まる場合は、水質管理に問題があり薬剤濃度が維持できていない可能性があります。

  1. 水処理薬剤の添加量が少ない
    冷却水は、常に蒸発やブロー排水などで水が入れ替わってます。新しく入る水の量を計算し薬剤を添加する必要があります。添加量が少なく濃度が低いと除菌の効果も下がります。
  2. ブローの排水量が多い
    ブローの量が多く、水を多く捨てている場合、薬剤を添加していても濃度が下がります。ブローの量を適正に調整する必要があります。
  3. 雑菌の量が多く薬剤が消費されている
    薬剤を規定量入れていても効果がない場合は、雑菌が薬剤を消費している可能性があります。食品工場などで多いトラブルですが、周囲から藻や雑菌の栄養分となるガスを冷却塔が吸い込んでいる場合、薬剤が消費されてしまうことがあります。

まとめ

冷却塔(クーリングタワー)は、藻や雑菌、レジオネラ属菌など繁殖しやすい設備です。そのため、冷却水系ではストレーナが詰まるトラブルが多く発生し生産への影響も大きいです。こうしたトラブルは、水処理薬剤の添加と、水質管理でストレーナの目詰まりは解消することができます。水処理薬剤のテスト機貸出しも行っております。設備トラブルでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

 

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする