Vol.10 冷却塔ストレーナが頻繁に詰まるので困っている

こんにちは、「冷却塔トラブル改善プロ」の杉山です。

 

冷却塔(クーリングタワー)のストレーナが詰まり流量が低下するトラブルについて、改善事例をご紹介いたします。

 

お客様からの相談内容

冷却塔(クーリングタワー)や配管に取り付けられたストレーナが頻繁に詰まり流量が低下するので困っており、改善できないかとのご相談をいただきました。

 

現場の状況

蒸留塔の凝縮器(コンデンサー)使用されている、冷却塔(クーリングタワー)の冷却水出口や配管に取付けられたストレーナの金網に、藻やスケールなどが詰まり冷却水が流れなくなるトラブルが頻繁に起きていました。ストレーナが詰まり冷却水が流れなくなると、凝縮器で気体が冷やされず液体の回収効率が低下していました。

 

時には、冷却塔の下部水槽に取り付けられたストレーナーが詰まり、冷却塔から水がオーバーフローして溢れてくるため、急なトラブルの対応で困られていました。

 

ストレーナの役割とは

ストレーナの役割は、金網でゴミを補足することで、設備や機械に行かなくし配管などの詰まりなどを防ぐ目的でつけられています。ストレーナが頻繁に詰まるからと言って、金網を外されていることがありますが、そうすると、設備トラブルが起こります。基本、ストレーナは、定期的に掃除をするために取付けるものです。外してしまっては、ゴミを取ることができなくなります。

 

冷却塔ストレーナ詰まり

 

Youtubeでもストレーナの役割について解説していますので、ご視聴ください。

 

 

トラブルの原因

冷却水系でストレーナが詰まる原因の多くは、藻や雑菌の繁殖です。冷却水の水温は、30℃~40℃でぬるいお風呂程度で、藻などが繁殖するには最適の水温です。しかも、冷却水は同じ水を繰り返し利用していますので、藻や雑菌が爆発的に繁殖します。そのため、ストレーナを清掃しても、またすぐに藻が繁殖して目詰まりを繰り返します。

 

トラブル改善のご提案

冷却塔~配管内~凝縮器(コンデンサー)と水が流れる箇所で藻や雑菌が繁殖しているため、冷却塔を清掃するだけでは解消されないと判断しました。そのため、化学洗浄液(過酸化水素)を使い系内の洗浄と除菌をご提案いたしました。

 

冷却塔に化学洗浄液を投入し、循環ポンプを運転し洗浄液を循環させて系内全体を洗浄します。

 

過酸化水素

 

過酸化水素を投入後、循環すると雑菌と反応し大量の泡がでてきました。

 

過酸化水素洗浄

 

過酸化水素の反応が終わり、泡が減り始めました。その後は、過酸化水素分解剤を投入し水と酸素に分解され無害化し、廃液は産業廃棄物として処分しました。

 

過酸化水素洗浄

 

冷却塔を高圧洗浄機で洗い流し、洗浄工事は完了しました。

 

冷却塔清掃

 

冷却塔の高圧洗浄機による清掃方法について、YouTubeで解説していますので、清掃を行われる際にご参考にされてください。

 

 

洗浄をおこなったことで、冷却塔と系内はきれいになりましたが、いずれは再び雑菌が繁殖してきます。

 

ストレーナの詰まりを改善する方法としては、冷却水に水処理剤薬品(除菌剤)の添加し水質管理を行うことがお勧めです。冷却水系内全体に繁殖した藻や細菌などが、水処理薬品による繁殖が抑制され、ストレーナの詰まりが解消されることで急な設備トラブルが減り、清掃にかかる手間が減りますので作業者の負担軽減につながります。

 

お客様の声

「冷却水の流量が低下していて、蒸留塔の効率が悪く生産が思うようにできずに困っていましたが、冷却水の流量が回復し冷却効率が改善でき助かりました」

 

当社では、ストレーナの目詰まりトラブルについて、改善のご提案を行っています。水処理薬品の効果を検証するため、薬注装置のテスト機もご用意しております。テスト機で得た水質データをもとに、社内検討いただくことも可能です。冷却塔(クーリングタワー)のトラブル改善については、「冷却塔トラブル改善プロ」まで、お気軽にお問い合わせください。

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする