株式会社セールスエンジ

「設備の未来(あした)をささえる」
冷却塔トラブル改善プロ

効果的な冷却塔メンテナンス方法:能力低下を防ぐために

こんにちは、冷却塔トラブル改善プロ、株式会社セールスエンジの杉山です。今回は、冷却塔(クーリングタワー)の能力低下について、その原因と対策方法を詳しく解説します。夏場に向けて冷却塔のトラブルが増える前に、しっかりと対策を立てましょう。

冷却塔の役割と能力低下のサイン

冷却塔は、水を安定して冷やすための重要な設備です。しかし、使用を続けるうちにその能力が低下することがあります。冷却塔の水は、ポンプで熱交換機に送り出され、熱を奪った後に冷却塔に戻ります。通常、水温は32℃から37℃に上昇して戻りますが、冷却塔内のファンによって5℃ほど下がるはずの水温が、2℃しか下がらない場合は能力低下のサインです。

冷却塔能力低下の主な原因

冷却塔の能力低下は、以下のような原因によって引き起こされます。

充填材の目詰まり

冷却塔内の充填材が目詰まりすると、風の通りが悪くなり、冷却効果が低下します。これは、藻が繁殖したりスケールが付着することによって起こります。

散水シャワーの目詰まり

冷却水がうまく散水されないと、冷却効果が低下します。特に夏場には、散水シャワーやスプリンクラーの目詰まりが多く見られます。

ファンの停止

ファンが停止すると、風が通らなくなり、冷却水が冷えなくなります。これも冷却塔の能力低下の一因となります。

冷却塔能力低下を防ぐための対策

冷却塔の能力低下を防ぐためには、以下のような対策が有効です:

  1. 定期的な清掃:重点剤や散水シャワーの目詰まりを防ぐため、定期的に清掃を行います。
    .
  2. 水処理薬剤の使用:水処理薬剤を使用することで、モの繁殖やスケールの付着を防ぎます。
    .
  3. 除菌剤の添加:除菌剤を添加することで、水質を維持し、目詰まりの原因となる菌の繁殖を抑えます。
    .
  4. 定期メンテナンス:冷却ファンのVベルトは、消耗品のため定期交換が必要です。

動画で解説

YouTubeの動画では、冷却塔の能力低下の原因と対策について詳しく解説しています。ぜひご視聴ください。

まとめ

冷却塔の能力低下を防ぐためには、定期的な清掃と適切な薬剤の使用が不可欠です。特に夏場に向けては、早めに対策を講じることが重要です。冷却塔のトラブルでお困りの際は、ぜひご相談してください。

ご一読くださりありがとうございました。