冷却塔(クーリングタワー)の配管が腐食する原因とは?

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

冷却塔(クーリングタワー)の散水ノズルが頻繁に詰まるのですが、改善策はありますか?

 

冷却塔(クーリングタワー)の構造上、散水ノズルは詰まりやすいと思われていたんです。

 

現場を見させていただくと・・・・事態はとても深刻でした。

 

散水ノズルの詰まりと聞いて、スライム(雑菌、藻)が繁殖したのかと思っていたのですが、詰まっているものを見ると、配管がボロボロに腐食して剥がれてきた破片が詰まってました。

 

しかも、散水ノズル以外に、循環水の大きな配管が詰まるくらい、大量の腐食片が、、、

 

これが原因で、冷却水が循環できずに、生産をストップすることが頻繁に起きてました。

 

原因は、腐食か。

 

水を管理されていない場合、腐食のトラブルはよくあります。

冷却水が過剰濃度して、水中の塩分(塩化物イオン)濃度が高くなっていたんだろうと思ったんです。

 

「それにしても、異常な腐食だなー。何かほかに原因があるんじゃないだろうか?」

 

設備はまだ新しく、短期間で配管がボロボロになるなんて、

外から衝撃を加えると、配管に穴が開きそうなくらいの腐食です。

 

まわりを見渡すと、冷却塔(クーリングタワー)の周辺設備がサビて赤茶けていて、近くには工場からでる煙突がありました。

 

あっ、これが原因だ!

工場排ガス

 

設備から出る燃焼後の排ガス(NOx窒素酸化物)を冷却塔(クーリングタワー)が吸い込み、冷却水へと溶け込んでいました。

 

排ガス(NOx)は、水に溶けると硝酸が生成されます。

 

その影響で、冷却水のpHが低下し酸性となり、設備や配管を腐食させていました。

 

酸性雨って、聞かれたことがあるしょう!

酸性雨は、排気ガス(NOx窒素酸化物)を含んだ雨のことです。

 

工場では、設備からの排ガス煙突が冷却塔(クーリングタワー)のそばに設置されていることがよくあります。

 

排気ガスを吸い込んでいても、水は見た目ではわかりませんが、水質分析をすると水に溶けている物質がわかります。

 

冷却水は、通常、弱アルカリ性です。

中性の補給水と比べ、pHが低下している冷却水は、何か原因があります。

 

 

腐食の進行度は、わかりずらいので、鉄の腐食を調べる方法をご紹介します。

 

鉄のテストピースを用意して、冷却塔(クーリングタワー)の中か、冷却水ピットの水に2週間ほど浸けておきます。

 

酸性化したpH6以下の冷却水で試したら、2週間程度でも、これだけ腐食しました。

 

(左)腐食した鉄のプレート   (右)新品の鉄のプレート

腐食度試験

 

配管の切れ端などでも構いませんので、ご用意されて冷却水に浸けておいてください。

 

毎日観察していると、どれくらい腐食しているのか、良くわかりますよ。

 

 

セールスエンジでは現在、重要設備向け冷却水の無料健康診断をおこなっています。

「スケール」「腐食」「スライム」の水の3大障害や冷却塔クーリングタワー)の点検を行い、水処理のプロがチェックします。

現状の水処理で抱える問題が明確になり、設備延命・安定稼働の課題解決へとつながります。

お気軽にご相談ください。お問い合わせは、こちら

この記事の注目ワード