開放式冷却塔と密閉式冷却塔の違いについて

こんにちは、「技術と安心のサプライヤー」セールスエンジの杉山です。

 

冷却塔には、開放式冷却塔と密閉式冷却塔の2種類があります。その違いについて、ご説明をいたします。

 

開放式の冷却塔

開放式冷却塔は、循環する冷却水に直接外気をあてて水温を下げます。メリットは、冷却塔の構造がシンプルなため安価です。
デメリットは、冷却水の水質が悪化すると冷却系統すべてでスケール障害や腐食障害、藻の繁殖が起こります。これらの障害から設備を守るため冷却水の水質管理が重要となります。

 

密閉式の冷却塔

密閉式冷却塔は、冷却水系統が密閉回路になっており熱交換器の内部を冷却水が流れて、熱交換器の外側を散布水により冷却されます。メリットは、冷却水は外気に触れないため汚染されず、水の濃縮も起こりません。そのためスケール障害が発生せず設備が長持ちします。
デメリットは、冷却塔の構造が複雑のため高額です。開放式と比べ価格が約2~3倍します。外気と接触する散布水の水質管理をおこたると銅コイルの伝熱面でスケール障害が起こり、冷却能力が低下します。また、密閉回路内の冷却水では溶存酸素の影響で金属の腐食が起きるため、防食剤の添加が必要です。
冬場は、冷却水が凍結すると銅コイルが凍結破損しますので、凍結防止用ヒータによる加温や密閉回路内の水を抜くなどの凍結対策が必要です。

 

YouTubeでも、開放式と密閉式の違いについてお話しています。

 

 

「水のかかりつけ医」セールスエンジとは

熊本県荒尾市で、工場で使用される熱処理設備の水質管理を専門とした水処理屋です。冷却水の水質管理から冷却塔(クーリングタワー)の点検、修理、メンテナンスまで、水のことから設備のことまで知識が豊富な会社です。

 

  • 専門知識:ファインセラミックス分野、化学原料、自動車関連(xEV)、電子部品、半導体関連などで使用される熱処理設備の水質管理が得意です。
  • 生産性向上:お客様の工場設備が24時間365日、安定稼働することを心がけており、徹底した水質管理で生産性向上をご提供します。
  • 迅速対応:できる限りお客様のご要望を優先し、トラブル時には迅速対応を心がけています。

弊社の水質管理では、熱処理設備のトラブル激減!10年経っても安定稼働!お客様の設備構成や熱負荷の状況にあわせて水質管理をご提案します。

熱処理設備の冷却水トラブルでお困りの方には、「冷却水の無料診断サービス」を行っています。ご質問などは、お気軽にご連絡ください!

連絡先:0968-79-7177

担当:杉山

住所:熊本県荒尾市宮内1004番地

営業時間:9:00~17:00(月曜~金曜)

お問合せ:メールフォームはこちら

 

この記事の注目ワード

1分で分かる冷却水の健康診断

工場・施設の冷却水の健康が気になる方

自社の工場や施設にある
冷却水とその中の冷却水が気になるけど、
どうやって診断すれば良いのか分からない・・・。
セールスエンジでは1分で分かる
健康診断を提案しております。

冷却水の健康診断をする